町田版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

南成瀬小 SS(ショートショート)作家が出張授業 文学館のコンクールを機に

教育

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena
体育館を会場に行われた授業
体育館を会場に行われた授業

 町田市民文学館ことばらんど(原町田)では小・中学生、高校生を対象にしたショートショートコンクール2021を初開催する。その実施に伴い、国語学習の一環で7月13日、市立南成瀬小学校の5・6年生を対象に同コンクールの審査員長でもあるショートショート作家の田丸雅智さんによる出張授業を行った。

 ショートショートとは、原稿用紙1枚から書くことのできる「アイデアとそれを活かした印象的な結末のある物語」のこと。新世代ショートショートの第一人者とされる田丸さんが講師を務め、書き方のコツやアイデアの出し方、アイデアから物語を生み出す方法について直接指導。5・6年生各2クラスずつ約120人が田丸さんの講義に耳を傾けた。

 授業は、ワークシートに自分の興味がある言葉(名詞)を書き出す。その名詞ひとつから10個の思いつくワードを書き出し、その抽出した言葉をあべこべにつなげて、そこから想像を広げていくというもの。楽しみながら発想力、心理的思考力、文章力、コミュニケーション力の育成につなげていく。児童らは短い時間内に思いつくだけの言葉を書き出し、思い思いの物語づくりに励んでいた。「パンクする放送室」という作品を作った嶋田航さん(6年)は「自分が放送委員なので、すぐ思いついた。田丸先生にうまいと言われて嬉しい」と感想を述べた。

 授業の冒頭で「物語を読んだり書いたりするのが好きな人」の問いには数人が、逆に「国語が苦手な人」には多くの児童が手を挙げた。田丸さんは「自分がショートショートに出会ったのも同じ年の頃。みんなにも『楽しかった』が芽生えれば嬉しいし、国語の苦手意識が変わってくれたら」と話した。

 ことばらんどのコンクールは、これまでの市の創作童話コンクールを引き継ぐ形でテーマをショートショートに刷新。9月20日(月)まで作品を募集している。田丸さんは児童らに「夏休みに作品を作って応募してほしい」と呼びかけた。
 

講師の田丸雅智さん
講師の田丸雅智さん

町田版のトップニュース最新6

まちだのうちわで応援

まちだのうちわで応援 教育

サレジオ高専生がデザイン

7月22日号

SS(ショートショート)作家が出張授業

南成瀬小

SS(ショートショート)作家が出張授業 教育

文学館のコンクールを機に

7月22日号

思いつなぐトーチキス

東京五輪聖火リレー

思いつなぐトーチキス スポーツ

東京初日を町田シバヒロで

7月15日号

英語教材を共同制作

市×大学ゼルビア

英語教材を共同制作 教育

小学校の放課後教室で使用

7月15日号

コロナ禍で連携強化

町田市私立幼稚園協会

コロナ禍で連携強化 教育

小林会長に聞く

7月8日号

小磯氏がトップ当選

都議会選挙町田選挙区

小磯氏がトップ当選 政治

低調、44.63%

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter