町田版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める 岡 資治さん 旭町在勤 63歳

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

「三方良し」で明るい町に

 ○…東京町田ロータリークラブに入って5年。節目の年に会長を務めることに。記念事業のアイデアはお気に入りのテレビ番組から。「(NHKの)街角ピアノは人情が垣間見えるのが面白くて。市内でできないかと探したら、版画美術館さんに素敵なピアノがありました」。演奏者を募集したところ反響は大きく2日で定員に達した。「物を寄付するのではなく、町田の文化面を支援したかった。いずれは青少年育成基金を作りたい」と夢を語る。

 ○…江戸から続く老舗醤油醸造店・岡直三郎商店の8代目。そのルーツは近江商人で、幼い頃から家訓として教えられた言葉に「三方良し」がある。「自分と相手と、世間が良いと思える商売を行うのが大切。これはロータリーの奉仕の精神にもつながる」と笑顔。この考えに則って地域を盛り上げようと、町田の名産品が集まる催しを定期的に企画。今年は「まちだイイモノ◯ごと祭」と題して来月開催する。

 ○…滋賀で生まれ、町田に来たのは中学生のころ。担任教師から「君は好奇心が強すぎる」と言われた通り、今も変わらず「思い付いたら即、行動」を地で行く。今の自分につながる出会いとして印象的なのは、31歳で町田青年会議所に入ったこと。「考え方や行動力など、この人には勝てないという出会いがいくつもあった。会議所に入って自分の考え方も柔軟になった」と振り返る。

 ○…忙しい日々の息抜きは麻雀とオカリナ。オカリナは月2回のレッスンで、阪神ファンとして「六甲おろし」を奏でるほどに。麻雀も、学生時代の友人や地元の仲間など、たくさんの人と楽しんできた。「友達や周りの人に恵まれている。これからも誠実に人と向き合って、明るく豊かな街づくりをしていきたい」

町田版の人物風土記最新6

志村 雄逸さん

空間デザイナーで、まちだ青城祭の竹灯りイベントをプロデュースした

志村 雄逸さん

南大谷在住

8月18日号

岩城 直也さん

NYを拠点に日米で活躍する作・編曲家、演奏家で府中市でコンサートを行う

岩城 直也さん

町田市在住 28歳

8月11日号

太田 宏介さん

地元出身で、先月FC町田ゼルビアに入団した

太田 宏介さん

小川出身 35歳

8月4日号

竹中 清史さん

生涯学習センターの夏の平和イベントで原爆被爆体験を語る

竹中 清史さん

金井在住 83歳

7月28日号

高橋 瑞樹さん

米国バックネル大学准教授で、母校・町田高校で講義した

高橋 瑞樹さん

市内出身 49歳

7月21日号

高橋 清人さん

5月22日付で町田市町内会・自治会連合会の会長に就いた

高橋 清人さん

図師町在住 78歳

7月7日号

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook