八王子版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

いのはなトンネル列車銃撃遭難者慰霊の会を主催する 齊藤 勉さん 元八王子在住 57歳

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena

歴史研究30年 語り継ぐ使命感

 ○…「戦闘機による空襲は、被害は比較的少ないものの、相手国民に恐怖心を与える側面が強い」。P51は大人でも子どもでも容赦なく狙った。その中でも50人以上の死者を出したと言われる湯(い)の花トンネル(裏高尾町)の空襲から70年。「高齢化もあり、やめようという意見も出ますが、不思議なことに、被害者の孫や親戚など新たな関係者や興味を持ってくれる人も増えるんですね。だからやめられない」

 ○…大学を卒業してすぐに市教育委員会の非常勤職員として戦後40年の節目の資料を編纂した。「湯の花トンネルの被害者の名前は、最初は2人しか分からなかったんです」。街への空襲と異なり列車の場合は乗車している人のほとんどは赤の他人。被害者の特定は容易ではなかった。供養のための座談会を開催し、メディアに掲載してもらうことで情報を集め、結果的に40人分の名前が判明した。一緒に資料を編纂し、その後は慰霊祭の会長を務めた細川武雄さんが1995年に亡くなる前にお見舞いに行ったのがひとつの契機に。細野さんの最期の言葉はほとんど聞き取れなかったというが「意思を引き継ごうと思った」

 ○…都立高校で日本史の教員を務めるかたわら、郷土史家としても活動。休日はあちらこちらを調べたり、講演に呼ばれたりと多忙な日々。市民へ取材の際は逆に感謝されることもあるそう。列車銃撃は30年以上研究しており、これまで判明していなかった列車を襲ったP51が4機だったと3〜4年前に確定できた。

 ○…今年で慰霊祭は32回目を迎える。今回は日記や体験記、資料をまとめた100ページほどの書籍も配布する予定だという。「振り返ってみると、やってよかったと思う。活動しなければ世間に忘れられていたかもしれない」。毎年苦労するが、自分しかやる人間がいないと思い定めている。「もって生まれた役回り。天命かも」

八王子版の人物風土記最新6

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

山下 善弘さん

9月7日・8日に開催する「躍れ西八夏まつり」の実行委員長を務める

山下 善弘さん

千人町在住 72歳

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高尾山で謎解き

八王子JC

高尾山で謎解き

20日スタンプラリー 参加無料

10月20日~10月20日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク