八王子版 掲載号:2016年8月4日号 エリアトップへ

篠笛ソングライターとして活躍する 香川 良子(りょうこ)さん 明神町在住 

掲載号:2016年8月4日号

  • LINE
  • hatena

郷愁表現 「まつり盛り上げる」

 ○…篠笛(しのぶえ)は「竹に穴を開けただけ」というとてもシンプルな楽器。リードがなく、息のあんばいで「音を色づけ」する。所有する篠笛は多すぎて「家は竹林のよう」と笑う。長く使うと飴色に変わり、「甘い音色」が出せるようになるそう。「日本の郷愁を感じさせてくれる楽器。しみじみと心に届きます」。5歳の頃から吹き始めた。

 ○…地元の私立中高を卒業し青山学院大学仏文学部へ。一般企業へ就職後、「笛一本で行く」と奏者の道を決意。祭囃子からポピュラー音楽、自ら作った曲まで幅広く演奏し、コンサート出演やCD製作をするように。祭囃子の楽器を「主役」とし現代曲等の演奏に挑戦したことが評価され、一昨年、地域伝統芸能についての表彰を受けた。今年5月にはイタリアでのステージを経験。7月には北海道・東北地方で子どもたちが伝統音楽に触れるワークショップに参加。その魅力を伝える活動にも尽力する。 

 ○…使う篠笛は奏者である父親の手作りで、ドレミの音階が表現できるように調整されている。これまで父親から指導を受けてきたが「やれ」と言われたことは一度もない。会社勤めの忙しさから吹けなくなる時期を体験し、その時初めて気が付いた。「好きな時に思うように吹ける環境はありがたいもの」。家族、周囲へ感謝の思いを忘れない。

 ○…祭りの話になると「鳥肌が立ちます」。八王子まつりの際は毎年、中町の山車に乗る。たくさんの視線を浴びながら、人の力で動かしてもらう山車の上での演奏。「3日間吹き続けるのは大変ですが、1年で一番楽しい時間」とほほ笑む。両親も祭囃子奏者であり、赤ん坊の頃から山車に乗っていた。近所では「山車から生まれた娘」と言われ「マスコット的な存在」だったそう。まつりを八王子最大の魅力と考え、「この機会にもっとこの街のことを知ってもらいたい」と来場を呼びかける。「皆さんと一緒に盛り上げたいです」

八王子版の人物風土記最新6

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク