八王子版 掲載号:2017年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

書道家で、9月末まで高尾山薬王院にて書画展を開催した 石橋 宏楓さん 打越町在住 78歳

「一生勉強」 好奇心の原動力

 〇…「あれは誰が書いたの?」。お山の生命力を漂わせる力強い書。薬王院に飾られている、北島三郎さんの代表曲「高尾山」の歌詞を揮毫した力作は、達筆で知られる「本人」の目にもとまったそう。その作品を発展させ天狗や山の画を添えたものも作った。それらをはじめとする合計80点ほどが7ヵ月間、同所に展示された。「皆様に多大なご尽力をいただき感謝です」

 〇…岐阜県の出身。曾祖父は水墨画の大家だったそう。小学校に入ると、学校長から熱心に書道の指導を受けた。小3のとき、近所の人から茶箪笥の引き戸の絵を頼まれる。「なぜか『竹に雀』を描きました」。すでにその腕は周囲に認められていたようだ。書道を教室で教わるようになったのはだいぶ後のこと。会社員時代、会議の席で書記となり「本格的に学ばなければ」と思ったのがきっかけ。(結婚したのち)通いだすと3年目には指導者になることを勧められた。その後数々のコンクールに出品し幾つもの賞を受賞。「自分の力は小さい。皆様に引き立ててもらっています」。書には、謙虚さもしっかり表れている。

 〇…作品は主に、心に響く言葉や座右の銘等を近代詩文調で書くことが多い。「繊細な筆遣い」とよく評されるそう。次回は雅子妃殿下による「七年をみちびきたまふ我が君と語らひの時重ねつつ来ぬ」(2000年)の歌を展示する。書く際は「心に響いてほしい」と和紙にむかう。作品は一気に書き上げる「一発勝負」だが、そこに至るまでの練習量は計り知れない。

 〇…一昨年市内で開かれた北島さんの公演を鑑賞し衝動に駆られ、「高尾山」を書にした。次男曰く「始めたら止まらない病」。趣味は30年以上続けている民謡。三味線を弾きながら、夫が歌い仲間と陽気に楽しんでいる。好奇心はどこから?戦後の「貧しい」時、大好きな父に言われた。「宏子、一生勉強だよな」――。その言葉が今も心の支え、原動力になっている。

八王子版の人物風土記最新6件

武石 梨花さん

中学生が書く「税についての作文」で、市内で最高評価となる国税庁長官賞を受賞した

武石 梨花さん

1月11日号

青田 一宏さん

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第53代理事長になった

青田 一宏さん

1月1日号

中野 恵美さん

シンガーソングライターで、10月に開局した八王子FM(77.5MHZ)を夫と共に運営する

中野 恵美さん

12月14日号

ヘンリー久原(くばら)さん

芸能活動50年を迎えた

ヘンリー久原(くばら)さん

11月30日号

前田 梅香さん

「東日本女子駅伝競走大会」の東京都代表に選ばれた

前田 梅香さん

11月16日号

小町 和義さん

八王子を代表する建築家で、17日からその仕事を紹介する展覧会が開催される

小町 和義さん

11月2日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク