八王子版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

八王子市工芸品「東京こけし」を手掛ける 大蔵 國宜さん 元横山町在住 77歳

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena

唯一の職人 二人三脚で  

 ○⋯「仕事はこけしづくり。趣味もこけしづくり」。都内唯一の「職人」、この道60年のベテランは笑顔をこぼす。手掛けるこけしは、胴体と頭に特徴的な丸みがあり、首には「幸せの輪」という名のリングがついている。「ならでは」の形に、近年では外国人が直接工場へ買いに訪れることも少なくないそう。「出来上がりを見て、目を丸くして喜んでもらえることが嬉しい」。毎日朝9時から、工場で黙々と木を削る。

 ○⋯木工工場の2代目に生まれ、15歳からは他県の製作所で修業をした。30 歳半ばで右足の大けがをしおよそ3年間、松葉杖の生活を送ったことがある。それでも仲間に誘われると、杖をつきながら全国各地に観光へ。妻昌子さんは「夜になるといつもどこで遊んでいるのか、家中大騒ぎだった」と振り返る。仲間に囲まれるタイプで、「昔いじめられっ子だったせいか、どんな頼みも一生懸命に応えるからかな」とはにかむ。

 ○…足が治った頃には産業自体の衰退とともに仕事は減っていた。転機となったのは木材のPRのため木を削る実演を依頼されたこと。初めは「太鼓のばち」のようなシンプルなものを作っていたが、楽しませたいと「こけし」などのオーダーも受けるように。その流れでオリジナルの制作を開始。およそ15年間かかり現在の形になってからは多くの取材を受けるほど著名になった。

 ○⋯絵付けは昌子さんが担当する。一度他人に頼んだことがあったが、「違うこけしになってしまった」そう。完成まで二人三脚だ。花が好きで、春になると一緒に外へ出かける。桜の見える公園をいくつもはしごする年もあるという。「2人でできる限りは続ける」。あのやさしい丸みは2人の人柄のよう。
 

八王子版の人物風土記最新6

角山(つのやま) 貴之さん

八王子を拠点に活動し、三段跳びで東京オリンピックへの出場を目指す

角山(つのやま) 貴之さん

江東区在住 35歳

1月21日号

林 冴香(さえか)さん

ラジオリスナー研究家として、「ハガキ職人」についての本を出版した

林 冴香(さえか)さん

丹木町在住 26歳

1月14日号

青木 耕平さん

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第56代理事長になった

青木 耕平さん

日野市在住 37歳

1月7日号

佐藤 秀仁(しゅうじん)さん

高尾山薬王院の第三十三世貫首に就任した

佐藤 秀仁(しゅうじん)さん

狭間町在住 50歳

1月1日号

時田 ひさ子さん

かくれ繊細さん(HSS型HSP)に特化した本を出版した

時田 ひさ子さん

八日町在住 51歳

12月17日号

大塚 雅春さん

寺院等に版画を寄贈する一方、先月市内のセンターで北条氏照の大作を展示した

大塚 雅春さん

めじろ台在住 77歳

12月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

お問い合わせ

外部リンク