八王子版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

フットゴルフ日本代表選手として、きょう26日の日米対抗戦に挑む 小林 隼人さん 南陽台出身 42歳

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena

地域と歩み、地道に継続

 ○…昨年8月から4月まで国内16試合の成績で、日本フットゴルフ協会による今季のポイントランキング1位に。日米対抗戦で悲願の勝利を目指す。試合は代表14選手が出場するチーム戦。「やるのは個人だが、戦術をチームで共有しコミュニケーションを重ねることが重要」。経験豊富なベテラン選手として代表をけん引すべく、冷静に舵取りを担う。

 ○…生まれ育ちは南陽台。父親の影響で4歳のときサッカーを始め、南陽台FCへ。市立由木中学校、工学院大学附属高校、工学院大とずっと市内校のサッカー部に所属し、高校では主将を務めた。「自分のレベルなりに成功体験が続いた」。プロに憧れ、Jリーグ入りを目指していた社会人サッカーの八王子FCに大学4年生で入団。夢は叶わなかったが、「好きだから続けた」と10年あまり現役を貫いた。

 ○…クラブを退団し数年経った2015年。古巣の先輩に誘われ、未知だったフットゴルフの道へ。代表落選を何度か味わった後、16年の日米対抗戦で初の代表入りを果たすも大敗を喫した。日本での年間王者を経て、18年にアジアカップで個人優勝。国内外で実績を積んだ。「日本で結果が出て調子に乗った時期もあったが、国際大会で負けて厳しさを味わうたび教訓にした」。結果を受け止め、競技を続けてきたことが成長の糧だ。

 ○…会社員の傍ら、居住する埼玉県のクラブに3年ほど所属していたが、今春から独立。選手として「世界一」を掲げる一方、各地で大会を主催するなど競技の普及活動にも尽力する。「八王子からフットゴルフを盛り上げたい」。市内暮らしは約30年で、八王子FC時代は地元の応援を肌で感じてきた。地域で培った縁を大切に、地道に挑戦を続ける。

八王子版の人物風土記最新6

八森 明さん

今月開所した「まちの駅八王子CHITOSEYA」で、駅長を務める

八森 明さん

立川市在住 66歳

6月23日号

源原(みなはら) 重行さん

古代象「ハチオウジゾウ」の普及活動をはじめ、野外植物の研究に傾注する

源原(みなはら) 重行さん

石川町在住 81歳

6月16日号

須藤 誠さん

NPO法人八王子国際協会の理事長に先月就任した

須藤 誠さん

南新町在住

6月9日号

池田 一(はじめ)さん

多摩少年院(緑町)の院長に今春着任した

池田 一(はじめ)さん

緑町在住 58歳

6月2日号

小林 隼人さん

フットゴルフ日本代表選手として、きょう26日の日米対抗戦に挑む

小林 隼人さん

南陽台出身 42歳

5月26日号

澤 千代美さん

カザフスタンで行われる世界ベンチプレス選手権大会に出場する

澤 千代美さん

横川町在住 72歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook