多摩版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

「第7分団」1位に輝く 多摩市消防団「ポンプ操法発表会」

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
各分団が訓練の成果を披露した
各分団が訓練の成果を披露した

 「平成30年度多摩市消防団ポンプ操法発表会」が7月1日、永山にある多摩ニュータウン市場で開催され、第7分団(小磯新次分団長)が第1位に輝いた。

 日頃、それぞれの職業に就いている地域住民で構成される消防団員。多摩市には、団を統括する団本部と、全10個分団体制をとっており、火災や大規模災害発生時に自宅や職場から駆け付け、消火・防火活動を行う他、日頃から火災予防活動などを行っている。そうした「いざ」という時に備え、仕事が終わった夜間等に、消火技術の向上のため、訓練に励んでいる。

 その中で、火災時に消防ポンプ車を活用して短時間に最小限の人員で最大の効果をあげる消火方法が「ポンプ操法」だ。この発表会は、消防活動の基礎である「消火活動」を「迅速」「確実・安全」に行うことを目的に、日頃から訓練で培ってきたこの操法技術をお披露目する場として毎年開催されている。

 当日は、多くの来賓や関係者、地域住民が見守る中、各分団の迫力あるポンプ操法が披露された。結果は、1位が第7分団、2位が第6分団、3位が第1分団だった。

 1位に輝いた第7分団の小磯分団長は「3年ぶりに1位になることができた。選手のみんなが頑張ってチームワーク良くやってくれた結果が1位という結果につながった。今の状態を保ったまま強い第7分団であり続けたい」と感想を話し、今後の抱負を語った。

多摩版のローカルニュース最新6

芝生の上でゆったりヨガ

芝生の上でゆったりヨガ スポーツ

209人が参加 多摩陸で

11月19日号

関戸の葬儀ホールで催し

関戸の葬儀ホールで催し 社会

相談会や特産品の販売も

11月19日号

延べ2万2千人が視聴

オンライン文化祭

延べ2万2千人が視聴 文化

新たな活動発信の場に手ごたえ

11月19日号

花火で市民にエール

花火で市民にエール 社会

サプライズで 多摩川から打上

11月19日号

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌 社会

旧多摩聖蹟記念館で展示

11月19日号

40万球で幻想的な空間に

40万球で幻想的な空間に 社会

多摩センターイルミネーション

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌

旧多摩聖蹟記念館で展示

10月25日~12月20日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク