大和版 掲載号:2011年4月15日号
  • googleplus
  • LINE

第9回目 感孚風動 井上 貴雄

 東北での大地震が起こって一カ月、長野県や静岡県でも大きな地震が発生しています。私の周りにも身内が被災に合ったという人も数人います。中には未だに親族が行方不明の方もいます。なんとも言葉になりません。大和市消防本部からも聞いているだけで第5陣まで被災地に行き、救援活動をしています。

 災害ボランティアで現地入りし、炊き出しの手伝いをしたり、支援物資を届けたりの活動をされた方々からも被災地の大変な実態をいろいろ聞かせていただきました。

 原子力発電所の問題は世界的になってしまいました。また、震災以降、自粛ムードが高まり、色々なイベントが中止になっています。

 そのため影響を受けてしまっているのが、イベントに係ることを仕事としている方々、お笑い芸人と呼ばれる人たちなど「のんきに笑っている場合じゃない」と真っ先に言われた人たちが、仕事がキャンセルになり、収入が減ったり無くなったりで、被災地以外に居ても生活が苦しいという状況になっているのは正に二次災害と言えるでしょう。

 しかし、テレビ報道でもあるように、災害避難者たちに笑いを届けようと噺家たちが出向いて、感謝されているのも事実です。『笑いは、副作用の無い薬』と言われるもの。

 被災者たちの心のケアにもなるものです。タレント事務所などでも、被災地、被災者のためになる事をするのであれば出演料など考えずに支援イベントに参加するようにとの指示もされているそうです。

 自粛はマイナス面もあるのです。

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のコラム最新6件

福祉の仕事を知ろう

年に一度

福祉の仕事を知ろう

2月26日号

やまとあちこち【13】

毛が三本

やまとあちこち【13】

8月22日号

やまとあちこち【12】

毛が三本

やまとあちこち【12】

6月27日号

やまとあちこち【11】

毛が三本

やまとあちこち【11】

5月30日号

やまとあちこち【10】

毛が三本

やまとあちこち【10】

4月18日号

やまとあちこち【8】

毛が三本

やまとあちこち【8】

2月28日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク