大和版 掲載号:2014年5月30日号 エリアトップへ

毛が三本 やまとあちこち【11】

掲載号:2014年5月30日号

  • LINE
  • hatena

 5月。「自転車in薫風」を8日に実施。大和市の境を流れる文字どおり境川。北から南、大よそ市の流域13Km。晴れ、風ありのなかを川に沿って走る。

 国道246号とクロスする大和橋から江ノ島・片瀬海岸まで続く総延長24・5Kmは藤沢・大和自転車道。下流に向かって右岸をゆっくり走る。県立大和東高校を過ぎると、右側に水田が広がる。田植えを終えたばかりの早苗がさやさやと一斉に風に揺れる。ここでちょっと休憩。芭蕉の「田一枚植ゑて立ち去る柳かな」「奥の細道」の句をするりと思い出した。ツバメ数羽がひゅっと、飛翔している。水田には2012年度大和市水田看板コンクール最優秀作品、小学6年生のポスターがあった。大きく「お米を大切に!!」というコピーと早苗を後ろにして、海苔で巻いた大きな塩おむすびをぱっくんと食べる女の子の絵だ。

 大きく深呼吸。五月薫風の空気を吸う。腹が空いてきたぞ。2Kmほど下って、県道45号(丸子中山茅ヶ崎線)とクロスする新道大橋のところにある神奈川県指定銘菓店「松埜(まつの)」で看板銘菓「栗どら」を求める。すぐ開けて口に。「目に青葉。腹にどらやき、いとうまし」。

 目福舌福の境川サイクリング。また走らねば。
 

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載283

徒然想 連載283

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月1日号

徒然想  連載282

徒然想 連載282

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月3日号

徒然想  連載281

徒然想 連載281

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月30日号

徒然想  連載280

徒然想 連載280

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月9日号

徒然想  連載279

徒然想 連載279

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月4日号

徒然想  連載278

徒然想 連載278

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook