大和版 掲載号:2014年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

春高バレーに出場する大和南高校女子バレーボール部のキャプテンを務める 白井 美沙紀さん 平塚市在住 18歳

遥かな高みへ一歩ずつ

 ○…「優勝して当然」という周囲からのプレッシャーを跳ねのけ、11月に行われた神奈川県予選を1セットも失うことなく突破。10年連続11度目の「春高バレー」出場を果たした大和南高校女子バレー部。自身も1年生からレギュラーとして出場を続けているが、今回はエースとキャプテン、2つの重責を担う。「目標は優勝ですが負けたら終わり。一戦一戦、次のことを考えずに挑んで後輩に良い経験をさせてあげたい」

 ○…選手としても活躍し、現在も松蔭大学バレー部で監督を務める父のもと、小学3年から競技を始めた。6年生で171cmという高身長にも恵まれ、全国大会にも出場を果たす。地元中学に進学後も「もっと上手くなりたい」との思いから、2年時に大阪府のバレーボールアカデミー「JVA貝塚ドリームス」の入団テストに挑戦し、見事に合格。寮生活をしながらバレーボール漬けの日々を送った。高校は両親と一緒に暮らせる大和南を選択。在学中に全日本ユース、全日本ジュニアに選ばれるなど、着々と歩みを進めている。

 ○…唯一の休日である月曜日だが「基本的には身体のメンテナンスにあてています」と苦笑する。今夏のインターハイ前に大きな怪我をして以来、これまで以上に治療や食事には気を使っているそう。たまには映画に行ったり、買い物に行ったりするものの、大会が近くなれば練習漬けの日々。また、部活内は「恋愛禁止」のため、色恋沙汰はご法度だとか。「将来は分からないけど、今はいいかなって思っていますよ」と照れ笑い。

 ○…卒業後はVリーグチームへ入団することが決まっている。最終的な目標は日本代表。そして2020年の東京五輪に出場することだ。「そのためにも今回の春高は全力をぶつけて、これまで応援してくれた人たちのために最高の結果を出したい」。集大成となる大会は来年1月5日、東京体育館で幕を開ける。

大和版の人物風土記最新6件

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

沢田 耕太郎さん

公所自治会会長を務める

沢田 耕太郎さん

7月20日号

熊田 康則さん

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める

熊田 康則さん

7月13日号

諸星 俊二さん

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する

諸星 俊二さん

7月6日号

上田 博久さん

「境川クラブ」の会長(代表マネージャー)を務める

上田 博久さん

6月29日号

古谷 小枝子さん

25周年を迎えた「大和・生と死を考える会」の会長を務める

古谷 小枝子さん

6月22日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク