大和版 掲載号:2017年3月31日号
  • LINE
  • hatena

3月8日に自身初のピアノソロアルバムを全国発売した 佐藤 航さん 下鶴間在住 27歳

「真夜中」を彩る至福の音

 ○…「これまでの活動を凝縮した1枚。ぜひ孤独な夜に聴いてもらいたいですね」。3月8日に初のピアノソロアルバム「midnight solitude」をリリースした。「真夜中の孤独」を表現し、哀愁ただよう美しい旋律の楽曲は、夜の午後11時から翌朝5時までの時間帯に録音した。「3日続けて録音したのできつかった」と制作当時の苦労を、完成した今は晴れ晴れとした表情で話す。

 ○…こだわったのは録音方法。演奏時に生じるピアノがきしむ音なども拾い、演奏者のすぐ近くで聞いているような「ライブ感」を味わえるよう自ら調整した。ごまかしのきかないありのままの音楽を届けたいという姿勢は、これまでの活動名「Gecko」とは別の、本名名義「Wataru Sato」であることからも伝わってくる。「ローマ字表記なのは、海外の人にも届けたいと思っているから」と世界に向けた楽曲配信も行う。

 ○…市内の幼小中高に通った生粋の「大和っ子」。友達が習っていたのを見て4歳のときに地元のピアノ教室に通い始めた。大和西高時代は軽音楽部に所属しベースに熱中。早稲田大に進学後もオリジナル曲を演奏するバンドを4〜5つ掛け持ちし、ベースを担当した。一方でピアノが好きな気持ちは変わらず、20歳の頃にピアノを主軸にすると決意。その後も無理のないペースで音楽活動を続け、大学卒業から1年後に自身レーベル「Tokage records」を立ち上げた。

 ○…何事もフラットに、自分の好きなものを、好きなように、というスタンス。趣味は読書で、部屋の中にある鉢植えの世話をするのが好きという穏やかな毎日を送る。直近の目標は、5月17日にモーション・ブルー・ヨコハマで行う単独公演の成功。「国内外の一流のアーティストが演奏している会場でのフリーライブ。会場を満員にして、思い切り演奏できるよう頑張らないと」と意気込んだ。

大和版の人物風土記最新6件

増岡 美子さん

ママさんバレーチーム「鶴間台」の選手兼監督として「やまゆり杯」連覇に導いた

増岡 美子さん

3月15日号

小西 康夫さん

大和市ラグビーフットボール協会の理事長を務める

小西 康夫さん

3月8日号

落合 護さん

県高校体育連盟の体育功労賞を受賞した

落合 護さん

3月1日号

中山 康夫さん

野遊びのプロ集団「ろぜっとわーくす」の代表

中山 康夫さん

2月22日号

田宮 久男さん

大和美術協会の会長に就任した

田宮 久男さん

2月15日号

山田 正明さん

脳梗塞の影響で左半身に麻痺を抱えながら卓球療法士とインストラクター講師の資格を取った

山田 正明さん

2月8日号

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク