大和版 掲載号:2018年4月6日号 エリアトップへ

明日から新宿で『大和(カリフォルニア)』が上映される大和出身の映画監督 宮崎 大祐さん 市内福田在住 38歳

掲載号:2018年4月6日号

  • LINE
  • hatena

真っ直ぐに映画と大和を愛す

 ○…『大和(カリフォルニア)』の”凱旋上映”を「儀式のようで、一種異様な雰囲気だった」と独特の言い回しで振り返る。作品は当初、音楽映画を考えていたが、東日本大震災で「明日をも見えない世界に直面し、”おらが街”が撮りたくなった」と方向転換。戦後、震災そして故郷。様々な問題を抱えつつ、それでも意外と変わらない世の中を、地元の街を通して表現した。「あの作品が自分の街について考える入口になれば」

 ○…横浜市泉区の生まれ。銀行マンの父の転勤で4歳からしばらくアメリカで過ごした。「アメリカに馴染み過ぎ」なのを両親に心配され、毎年、長期休暇の度に帰国、祖母の住む福田で過ごした。鯉の池やどぶ板の商店街が残る大和の街は、日本の戦後、昭和のイメージと重なった。作品には当時の面影が見え隠れする。

 ○…子どもの頃から映像に興味があった。大学ではテレビ番組の制作をめざしていたが、恩師や先輩の影響で映画の世界に。多い時は1日に8本、年間1000本もの映画を「見まくった」。「スーパー氷河期」と言われた就職活動時。面接官に「本気でやりたいことは」と問われ「映画」と即答したことで、不合格となった一方、踏ん切りもついた。映画美学校を出た後、スタッフとして撮影現場の中へ。2008年に初めて脚本を担当。この作品の撮影監督だった芦澤明子さんが「母のように」目をかけてくれたおかげで、3年後ついに監督作を世に送り出す。「桃太郎みたいにサポートしてくれる人が増えて…」と恥ずかしそうに周囲への感謝を口にした。

 ○…「やりたいことがあっても続けらないこともある」。そんな危機感を抱えつつ、常に次の作品のことを考え日々を過ごす。好きな音楽と映画と仲間に囲まれながら。

大和版の人物風土記最新6

荻原 英人さん

第55代大和警察署長に着任した

荻原 英人さん

大和東在住 55歳

10月22日号

安保 弘豊さん

中央林間で10月9日、10日に開く「運ちょこ祭り」の発起人を務める

安保 弘豊さん

中央林間在住 49歳

10月1日号

中村 健一さん

「私とティアンとイーサン食堂」を文芸社から出版した

中村 健一さん

南林間在住 57歳

9月24日号

川満 美和子さん

大和市倫理法人会の新会長に就任した

川満 美和子さん

南林間在住 51歳

9月10日号

青木 浩一(ひろかず)さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

青木 浩一(ひろかず)さん

海老名市在勤 56歳

9月3日号

安部 正彦さん

神奈川県行政書士会大和・綾瀬支部の支部長に就任した

安部 正彦さん

西鶴間在住 47歳

8月27日号

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook