大和版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

「自治会等地縁による団体功労者総務大臣表彰」を受賞した 遠藤 武男さん 下和田在住 77歳

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena

「いちょう団地に国境なし」

 ○…1973年にいちょう団地に居を構えて以来、自治会歴は約45年。団地の自治会長や連合自治会長を務めながら、団地の変遷を一番近くで見守ってきた。当時ほぼ日本人のみだった団地は、現在2割を外国籍の住民が占める。「外国籍の人も、同じ団地に住む仲間。日本人だけで固まっていてはだめ」。日本を含む10カ国の住民に寄り添った、長年の精力的な活動が評価され、受賞に繋がった。

 ○…「東南アジアの人は握手、南米はハグで挨拶する。スリランカの料理なんかは、香辛料をたくさん使うし…」と団地に住む国の特徴や文化の違いをスラスラと挙げる。距離を縮めるには、文化理解は必須。団地住民を対象に、食やスポーツ、語学を通じた交流イベントを数多く企画した。「イベントの挨拶では、相手の国の言葉でスピーチしたことだってあるんですよ」と得意気に笑う。「喜んでもらえるから」と覚えた単語は極力使い、相手の文化に従って挨拶する。「これだけは続けていきたいです」

 ○…得意教科は英語。通訳を志していた時期もあるという。「学校の英語科の先生が若くて美人で。他の教科は後回しで英語だけ頑張って勉強したら、学年で1番になっていた」とユーモアたっぷりに思い出を語る。最近は住民を講師に、駅前留学ならぬ「団地留学」で外国語を勉強している。

 ○…週3回、フリータイムで入るカラオケは至福の時間。のど自慢大会にも果敢に挑戦している。得意なのは女性歌手の曲だが「カラオケ教室の先生に、異性の歌は大会では不利だと教わって」と残念そう。今は小林旭や北島三郎を練習中だという。「今年の目標は大会入賞。練習に夢中で、大切な会議を忘れないように気をつけないとね」と笑いながら、自分に言い聞かせるように話した。

大和版の人物風土記最新6

白鳥 永夏(えいか)さん

令和2年度大和市文化芸術顕彰 文化芸術未来賞を受賞した

白鳥 永夏(えいか)さん

中央林間在住 37歳

11月27日号

加藤 貞行さん

NPO法人大和シルフィード・スポーツクラブ理事長の

加藤 貞行さん

下鶴間在住 73歳

11月20日号

金城 まみさん

大和JCの川柳コンテストのポスター原画を描いたチョークアーティストの

金城 まみさん

西鶴間在住 33歳

11月13日号

大多和 亮介さん

大和シルフィード株式会社の社長に就任した

大多和 亮介さん

鎌倉市在住 38歳

11月6日号

柳沼 康二さん

今年度、大和税務署の署長に就任した

柳沼 康二さん

八王子市在住 56歳

10月30日号

土田 真彦さん

ドラマ『半沢直樹』でキャストに剣道指導をした

土田 真彦さん

南林間在住 62歳

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク