大和版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

「視(み)える化」で環境問題にメス 大和発、ゴミ削減の切札

社会

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
イラスト表示で誰でも扱いやすいソフト
イラスト表示で誰でも扱いやすいソフト

 神奈川県が表彰する「優良小規模企業者表彰」に、産業廃棄物関連システムのソフトウェアの販売や導入支援を行う「株式会社ケイ・システム(本社・市内下鶴間、小島啓義(ひろよし)代表取締役=関連に人物風土記)が選ばれた。

 表彰は、ものづくり産業の発展に貢献している企業を顕彰するもの。今年度は県内15の工場と13の小規模企業者が表彰され、市内からはケイ・システムのみだった。

 ケイ・システムは、産業廃棄物処理事業に関わるソフトウェア「SMS産廃ソフト」の代理販売をメインに、ソフトの導入支援を行っているほか、新システムの開発などを手掛けている。受賞は、ごみの排出データをワンストップで一元管理できるクラウドシステムを開発し、廃棄物の減量化やリサイクル活動の推進に大きく貢献している点などが評価された。

 システムはゴミの量をweb上で確認、リアルタイムで把握できるように設計。「ゴミを視(み)える化」することで、ゴミの発生量を抑えたり、リサイクル量の目標設定などに役立てる狙いがある。「例えば、コンビニなどで、同じ売上げの店舗でゴミの量が違えば、販売方法や仕入れの見直しになり、マーケティングにもつながる」と小島さんは語る。システムはゴミを計量し、重量を入力するだけ。クラウドでつながっているので、全国の数値を一元管理できる。入力も廃棄物の種類ごとに表示されたイラストをタップするだけなので、誰でも簡単に操作できる。

オリパラも注目東京での採用も

 代表の小島さんは、横浜の産業廃棄物処理業者に10年余勤務、管理監督業務に従事。産業廃棄物管理ソフト導入の際には、社内の電子化率を飛躍的に向上させ、年間600万円もの費用削減効果を上げた実績を持つ。ソフト開発会社の薦めでソフト販売の代理店として5年前に独立。受賞のシステムは、3年ほど前に「ゴミの視える化」でゴミの減量を図るソフトとして開発していた。

 小島さんが開発したシステムは、選手村や競技場のゴミ減量、リサイクル率向上を目指す、東京五輪関係者の目に留まり、現在入札にかけられており、採用される可能性がある。

ソフトを持つ小島代表
ソフトを持つ小島代表

大和版のトップニュース最新6

「持続的経済成長」目指して

「持続的経済成長」目指して 経済

市内企業でSDGs推進加速

2月21日号

歴史紡いだ半世紀

歴史紡いだ半世紀 経済

大和YEGが50周年式典

2月21日号

市役所前広場で採火

東京2020パラリンピック

市役所前広場で採火 社会

8月14日、市役所前広場で

2月14日号

若い「がん患者」に居場所を

若い「がん患者」に居場所を 社会

15日、南林間で初イベント

2月7日号

特殊詐欺が3割減

大和市内犯罪件数

特殊詐欺が3割減 社会

被害金額も半減

2月7日号

5年ぶりに減少

救急出動

5年ぶりに減少 社会

火災件数は2年ぶり増

1月31日号

感染予防に緊急対策

新型コロナウイルス

感染予防に緊急対策 社会

病院には事前連絡必須

1月31日号

東急ほけんのコンシェルジュ

あなたの「ライフプランニング(お金の流れ)」を無料作成!

https://www.tokyu-hoken.co.jp/concierge/index.html

池上彰氏講演会

公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会県央東支部2月19日海老名市文化会館

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/post-228.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク