大和版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

大和プログラミングスクール 「自由な発想」で2人が受賞 ロボット改造アイディアコンテスト

教育

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
メダルをかけ、自作と賞状と持ち笑顔の伊地知君(右)と岸君
メダルをかけ、自作と賞状と持ち笑顔の伊地知君(右)と岸君

 プログラミングなどが学べる「タミヤロボットスクール」が主催するロボット改造アイデアコンテストで、大和プログラミングスクール(吉村仁代表)に通う伊地知遥大(よお)君が最優秀賞に、岸朋嬉(ともき)君も入賞に輝いた。

 コンテストは当初、1対1の対戦競技で自陣のペットボトルのキャップを相手陣地に送り、キャップの数で勝敗を争うものだった。しかし新型コロナウイルスの影響で、集まっての競技ができないことから、アイデアを競うコンテストに変更となった。

 伊地知君の作品「大砲ドカーン」は、ロボットのアームに貼った両面テープでキャップを回収し、大砲に見立てたポテトチップスの筒型容器にキャップを詰め、ゴムの張力で相手陣地に発射するというもの。両面テープで回収する発想力とゴムの力で大量にキャップを飛ばす破壊力が最優秀の決め手となった。伊地知君は東京都八王子市立七国小学校の6年生。「自宅から一番近いプログラミングスクール」として、小学4年生から週1回、同スクールに通っている。最優秀賞の受賞に「嬉しかった」と照れ臭そうにはにかんだ。

 柳橋小学校5年生の岸君の作品「フォーク飛ばし(笑)」は、プラスチック製のフォークの湾曲をうまく利用し、反発力でキャップを飛ばすアイデアで入賞した。ロボットが動かなくなる場合に備えた数々の改造も評価が高かった。「信じられなかった」と入賞を喜んだ岸君。将来はゲームプログラマーになり、「自分の作ったゲームで遊びたい」と笑顔を見せた。

伊地知君の大砲ドカーン(左)と岸君のフォーク飛ばし(笑)
伊地知君の大砲ドカーン(左)と岸君のフォーク飛ばし(笑)

安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

帯のアレンジ楽しんで

着付け教室・二見さん

帯のアレンジ楽しんで 文化

5月14日号

先輩ママから現役ママへ

先輩ママから現役ママへ 社会

母親クラブが「母の日」企画

5月14日号

台湾少年工の思いに触れる

台湾少年工の思いに触れる 社会

6月15日 ポラリス

5月14日号

葺替え工事の様子を記録

葺替え工事の様子を記録 社会

郷土民家園で写真展

5月14日号

マリーゴールドが花盛り

大和市唯一の花農家で

マリーゴールドが花盛り 社会

5月14日号

3館合同企画古民家めぐり

3館合同企画古民家めぐり 社会

5月15日〜

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter