大和版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

水泳日本選手権 本多選手が五輪切符 200バタ、瀬戸選手抑え優勝

スポーツ

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
五輪出場を決め、笑顔でインタビューに答える=提供写真
五輪出場を決め、笑顔でインタビューに答える=提供写真

 市内つきみ野のアリーナつきみ野スポーツクラブ(以下、ATSC)に所属する本多灯(ともる)選手(19)が、4月3日から10日まで東京アクアティクスセンターで開催された「第97回日本選手権水泳競技大会」の男子200メートルバタフライで優勝。東京五輪2020への出場を決めた。

 本多選手は、大会初日の3日に行われた400メートル個人メドレーにも出場。派遣標準記録はクリアしたものの3位に終わり(優勝は瀬戸大也選手)、悔しい思いをしていた。6日の200メートルバタフライでは「このレースに全てをぶつける気で泳ぎました」と強い決意で挑んだ。

 レースは、五輪や世界選手権のメダリストで、すでに東京五輪出場を決めている瀬戸大也選手を予選、準決勝ともに抑え、トップタイムで決勝に進出。決勝は前半、瀬戸選手らに先行を許すも、最後の50メートルで一気に追い抜き、優勝を決めた。本多選手は「前半を落ち着いて泳げたことが勝因。隣の瀬戸大也さんに勝ちたかったので、冷静に自分の強みである最後の50メートルで抜くことを考えてレースをしました」と会心のレースを振り返った。タイムは準決勝、決勝ともに一人だけ1分54秒台を叩き出す力強さを見せた。

 五輪出場が決まり「素直に代表内定できて本当に嬉しい。正直まだ実感が湧いていません。ただこの世界は何が起きても不思議ではないと思い、今を大事に、そして楽しみたいと思います」と笑顔でコメント。五輪での目標については「1分52秒台を狙い、瀬戸大也さんと一緒に表彰台に登ること」と力強くメダル宣言をした。

 本多選手は、横浜市瀬谷区の出身。2001年生まれの19歳。3歳の頃から大和スイミングクラブ(当時)で水泳をはじめ、5歳からATSCで練習に励んでいる。

 本多選手の五輪出場に同クラブの支配人で、大和市水泳協会会長の野口恒明氏は「コロナ禍の中、思うようなトレーニングが出来なかった事もあったと思いますが、よく頑張りました。ラスト5メートルは感動!五輪では更なる飛躍を信じています」と健闘を称え、エールを送った。

賞状と盾を手にニッコリ=提供写真
賞状と盾を手にニッコリ=提供写真

大和版のトップニュース最新6

待機児童数 6年連続ゼロ

大和市

待機児童数 6年連続ゼロ 社会

保育所の整備を推進

5月7日号

「三密」避けて「三越(さんこし)」で

大和市社協

「三密」避けて「三越(さんこし)」で 社会

見守り訪問継続に一工夫

5月7日号

11月6・7日に延期

神奈川大和阿波おどり

11月6・7日に延期 文化

ぞめきは中止に

4月30日号

世界に発信、健康都市

世界に発信、健康都市 社会

シリウスの取組を紹介

4月30日号

専用封筒で発送スタート

ワクチン接種券

専用封筒で発送スタート 社会

接種予約は5月6日から

4月23日号

コンテストで全国1位

中央林間在住吉川さん

コンテストで全国1位 社会

応募総数564点の中から

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter