大和版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

徒然想 連載282 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 九月の別称は、長(なが)月(つき)・色取り月(木の葉が色づく月)・菊月・寝覚月(ふと目ざめて秋の夜長を知る月)など多くあります。

 今月は「結縁(けちえん)、不結縁に関わらず、皆是れ仏子なり」です。

 出典は中国、隋、天(てん)台(だい)智顗(ちぎ)説『法華玄義(ほっけげんき)』です。

 意は、縁のあるものも、縁のないものも、皆、仏の子どもです、ということです。

 「縁なき衆生は度し難し」、という文言がありますが、これは縁のない人々を救うことは難しい事、という意です。仏の教えに出会うことのない人々が、そのめぐみに会えないのは当然のことです。人と人、人ともの、ものとものとの善き出会いは、大事で大切なこと。このことに対し、この文言はさらにもう一歩踏み込み、自分の責任や立場を考えない、自分の事しか考えられない人々でさえ仏の子どもです、というのです。最も重い罪を犯した非道の人までもが、修行して仏に成ることができるというのは、仏教に一貫した考え方です。

 その考えの最も強い師、親鸞は、善人はともかく、悪人こそが仏の救済を受けなければならない、と強く主張しています。

 仏の世界では、すべての人は仏の子どもであり、縁のあるなしに関わらず、それぞれが仏のめぐみをいただいているのだ、と師は教えているのです。

    桃蹊庵主 合掌
 

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載290

徒然想 連載290

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月29日号

徒然想  連載289

徒然想 連載289

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月1日号

徒然想  連載288

徒然想 連載288

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月4日号

徒然想  連載287

徒然想 連載287

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月4日号

徒然想  連載286

徒然想 連載286

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載285

徒然想 連載285

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook