大和版 掲載号:2022年3月4日号 エリアトップへ

徒然想 連載288 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2022年3月4日号

  • LINE
  • hatena

 今月は、少年、父を捨てて他国に奔(はし)る。辛苦、虎を描いて猫も成(な)らず、です。

 出典は『良寛全集』。江戸時代の禅僧大愚良(だいぐりょう)寛(かん)の言葉です。

 意は、若くして自分は父の許しを得ずに出奔して、他国で修行を積んだが、苦労を重ねた甲斐もなく、虎を描いても出来上がりは猫にもならない、ということです。

 知人の阿部定珍氏宅を訪ねた折に即興で詠んだ漢詩の前半です。後半は「箇中の意志、人倘 (ひともし)問わば、只惟(こ)れ従来の栄蔵生」です。この詩は同氏宅に遺されています。

 栄蔵とは良寛の幼名で後半部分は、虎を描いても猫にもならない自分の今の心の中を誰かに問われたら、自分は出家する前の栄蔵そのままだと答える、といっています。

 栄蔵が出雲崎(いずもざき)を出奔して尼瀬の光照寺に入ったのは18歳の時といわれています。そして22歳の時に名僧・国仙(こくせん)和尚に随って玉島の円通寺に赴き、34歳まで修行に励みました。43歳でふるさと越後に帰るまで、諸国を行脚(あんぎゃ)して厳しい禅の修行に打ち込みました。晩年は周知の五合庵で独り暮らし、生涯、富や権力や名声と無縁の生活を送り、数多の漢詩、和歌、そして崇高な書を遺しています。虎を描いて猫にもならなかったとは、良寛らしい響きを持っています。

    桃蹊庵主 合掌

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載291

徒然想 連載291

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月3日号

徒然想  連載290

徒然想 連載290

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月29日号

徒然想  連載289

徒然想 連載289

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月1日号

徒然想  連載288

徒然想 連載288

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月4日号

徒然想  連載287

徒然想 連載287

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月4日号

徒然想  連載286

徒然想 連載286

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook