大和版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

大和YEG 補助金でSDGs啓発 講演や動画で気運醸成

社会

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
補助事業計画書を持つ小嶋会長(中央)
補助事業計画書を持つ小嶋会長(中央)

 大和商工会議所青年部(小嶋隆会長/以下大和YEG)はこのほど、日本商工会議所の「ビジネスコミュニティ型補助金」の採択を受けた。大和YEGでは今後、補助金を活用し、SDGsを通じた地域活性化を目指す。

 SDGsは「持続可能な開発目標」の略称。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、貧困の撲滅やジェンダー平等、環境保護など17の目標を掲げている。

 大和YEGでは、SDGsの取り組みを「一部の企業や団体だけでなく、広く市民に浸透させよう」と、昨年度は専門家を招いての会員向け勉強会などを実施した。

 今年度は日本YEGの補助金50万円を活用して、市民を対象にした啓発セミナーや「産・官・民」によるSDGsの広報動画の公開などを予定。対面やオンラインなどあらゆる手段を活用し、SDGsの気運醸成を図っていく。

 事業の中心メンバーである小島啓義さん(44)によると、約500社が認定されている県のSDGsパートナーの内、市内企業は全体の2%程度にあたる10社。「国民の7割以上がSDGsという言葉を知っているというニュースを見た。しかし、現状は何をして良いか分からない方がほとんどでは」と小島さん。

 大和YEGでは、1年間の事業を通じて、市内の県パートナー企業を現在の倍となる20社にしたい考え。小嶋会長(41)は「産・官・民が連携してSDGsの輪を広げていければ、もっと大和が住みよい地域となり活性化していくはず。熱い思いを持って事業を進めていきたい」と意気込みを語った。

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

<PR>

大和版のトップニュース最新6

小学校で活動10年

鑑賞授業ボランティア

小学校で活動10年 教育

アートで対話力育む

6月24日号

13区は大和・綾瀬・瀬谷

衆院県内区割り

13区は大和・綾瀬・瀬谷 政治

太氏、甘利氏コメント

6月24日号

アルティメット日本代表に

大和市内中学生2人

アルティメット日本代表に スポーツ

「息の合うプレー 世界でも」

6月17日号

県高校総体で関東切符

大和南陸上部

県高校総体で関東切符 スポーツ

3人そろって自己新

6月17日号

あいさつし合える地域に

南林間女性有志

あいさつし合える地域に コミュニティ社会

2年越しに周年の集い

6月10日号

「歴史的一戦」で勝利

大和シルフィード

「歴史的一戦」で勝利 スポーツ

女子リーグ初の日産スタ

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook