神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2023年12月1日 エリアトップへ

徒然想 連載309 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

公開:2023年12月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 年末の今月は、能(よ)く瓦礫(がれき)を変じて金とならしむ、です。

 出典は、中国、唐代。法照著『浄土五会念仏略法事儀讃(じょうどごえねんぶつりゃくほうじぎさん』本。

 意は、なんの価値もない瓦の破片や小さな石ころのようなガラクタでも、黄金のような価値あるものに変えることができる、ということです。

 どんな瓦の破片でも自分にとってはかけがえのない宝物となる。このようにそれが物質的、または精神的なものでも、人はそれぞれに自分で大切にしているものが一つぐらいはあるものです。

 また見出しの文言にこの比喩を考えると、たとえ平凡だと言われる人でも、悲観的にならずに不断の努力を重ねれば、今まで気づかなかった力がわが身に加わって黄金にも等しい価値のあるものに生まれ変わることができるという、意味にも読み取れる。私達は自分を瓦礫のように無価値な人間だと考えてしまったり、もうこのままで一生、変わることがないと悲観的になったりすることもある。

 この比喩はそういう私たちの人生に希望を与え、毎日の努力、向上をめざして一歩一歩と歩むべきだと師は諭しているのでしょう。

 来る年が、読者の方々にとってより嘉き年であります様、お祈り申し上げます。  

    桃蹊庵主 合掌

大和版のコラム最新6

徒然想  連載316

徒然想 連載316

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月5日

徒然想  連載315

徒然想 連載315

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月7日

徒然想  連載314

徒然想 連載314

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

5月3日

徒然想  連載313

徒然想 連載313

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月5日

徒然想  連載312

徒然想 連載312

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月1日

徒然想  連載311

徒然想 連載311

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月16日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202311/58966.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook