海老名版 掲載号:2016年3月25日号
  • googleplus
  • LINE

3月21日に「真打」に昇進した海老名を拠点の1つにする噺家 林家 たけ平さん 38歳

「師匠の名前の地」で修行

 ○…林家こぶ平(現正蔵)に憧れて、22歳の時に落語界の門戸を叩いた。弟子入り後、師匠の本名が「海老名」であることから縁を感じ、以来海老名市を修業場所の1つとして、寄席を続けている。3月21日、長年の努力が結実し、噺家として身分が最も高い「真打」に昇進した。「私のことを受け入れ、応援してくれた海老名の皆様のおかげです」と感謝の気持ちを述べる。

 ○…落語好きの祖父に連れられ、幼い頃から演芸場へ通った。当時は落語家に憧れを抱きつつも、「自分には無理だろう」と思っていたという。大人になり、就職する際も噺家は選ばず塾講師の道へ。転機は社会人1年目のとき。休日に映画を見ようと出掛けたが、上映時間を間違え、近くの演芸場で時間を潰すことに。そこで目にしたのが、高座で演じているこぶ平の姿だった。観衆を笑いの渦に巻き込む姿に惚れ込み、手紙を書いて入門を志願。かばん持ちから始まり、前座では水以外飲めず、休日はほぼ皆無という厳しい修行の日々を送った。「憧れ抜いて入った世界。辞めたいとは思わなかった。それより、周りが上達すると嫉妬してね。反骨心が上達に繋がったのかな」と笑う。

 ○…現在は河原口のギャラリーや上今泉の蕎麦店などで定期的に寄席を行うほか、地元ラジオ局「FMカオン」でもレギュラー番組を2つ持つ。『相模国分寺商店会ぶらり歩き』という番組では、市内の商店を訪ね歩き、独特の語り口でレポート中。「海老名の人はどこへ行っても暖かく迎えてくれる」と笑顔を見せる。

 ○…「寄席は銭湯と同じ。地域の憩いの場として、ふらりと立ち寄れるような気軽さでありたい」と語る。特に海老名のような、演芸場のない地域で落語を楽しめる場所を設け、より多くの人に良さを伝えるのが長年の目標だとか。その為に心掛けているのが「初めてでも面白い落語」。これからも1席1席、心を込めてその魅力を伝えていく。

海老名版の人物風土記最新6件

山口 雄太さん

世界最高峰のダンスコンテストで3位入賞チームの一人として活躍した

山口 雄太さん

9月14日号

南 朋子さん

今年創立10年目を迎える小学生ドッジボールチーム「ゼブラ★パワーズ」の監督を務める

南 朋子さん

9月7日号

小西 眞琴さん

「第1回ビナウォーク接客ロールプレイングコンテスト」で優勝した

小西 眞琴さん

8月31日号

遠藤 牧夫さん

世界記録保持者で、高座施設組合屋内温水プールの水泳教室で講師を務めている

遠藤 牧夫さん

8月24日号

有山 祐治さん

海老名市消防団第8分団の分団長を務める

有山 祐治さん

8月17日号

望月 理さん

海老名市自治会連絡協議会の会長を務める

望月 理さん

8月3日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読み聞かせイベント

読み聞かせイベント

9月20日 マルイで初開催

9月20日~9月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク