海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年9月16日号 エリアトップへ

「みんなの食堂」の代表を務める 大島 正江さん 中新田在住 59歳

掲載号:2016年9月16日号

  • LINE
  • hatena

手を差し伸べる心を広める

 ○…貧困家庭や孤食の子どもたちに低料金で料理を提供するという”子ども食堂”を「海老名でもやりたい」という主婦が集まり、地域住民に夕食を提供している「みんなの食堂」。地域の温かみを感じる空間の中で、そこに来た子どもたちは自分の孫、その母親たちは我が子のように優しく接している姿が印象的だ。「地域のためにお手伝いができているという満足感はある。本当に必要としている家庭に提供できるよう、継続していくことが大切」と話す。

 ○…地元農家に嫁いで以来、趣味以外での外出はほとんどない生活。そんな中、全国的に広まる「子ども食堂」の報道に触れて「こうした活動で世の中に恩返しをしたい」と知人に相談。同じ志を持っている主婦たちに共感の輪が広がり、わずか1カ月で実施へと漕ぎ着けた。「主婦のパワーを改めて感じました。これまで全然知らなかった人たちとも触れ合うことが出来て、やっている方も毎回楽しみです」と白い歯を見せる。

 ○…「明日死ぬかも知れない――」。今回の事業を始めたきっかけは、こうした思いが根底にある。30代後半に乳がんを罹患。小学生2人の幼い子どもがいたが、「死の事ばかり考えてしまい、途方に暮れてよく涙を流していましたね」と当時を語る。何かに集中して気晴らしをしようと友人から紹介され始めたのが、バドミントンや水墨。続けているうちにもっと上手になりたいと向上心が芽生え、熱心に打ち込んだ。「『お母さん、昔よりも今の方が元気だね』と子どもから言われるぐらい、今は元気になりました」と笑う。

 ○…病気を含め、多くの人から助けられたという思いがあり、”生”への意識は人一倍強い。子どもがいることで支えられた部分も大きく、「子どもが成長しない世の中はダメ。色んな影響を受けながら、差別なく、素直な人に育って欲しい」と願う。出来ることに全力を注ぎ、地域の将来に希望を描く。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

守屋 朋龍(ほうた)さん

鉄道模型走行施設「ソウリュウライン16」をオープンした

守屋 朋龍(ほうた)さん

座間市緑ケ丘在住 21歳

1月21日号

須藤 麻美さん

えびな在宅医療相談室の相談員を開設時から務める看護師の

須藤 麻美さん

海老名市内在住 40歳

1月14日号

池谷 皐介(こうすけ)さん

2022年海老名市の成人式実行委員長を務める

池谷 皐介(こうすけ)さん

海老名市門沢橋在住 20歳

1月7日号

小幡 咲貴(さき)さん

レンブラントホテル海老名に勤務し、環境問題のプロモーションに取り組む

小幡 咲貴(さき)さん

海老名市在住 30歳

1月1日号

築地 隆夫さん

大谷自治会自主防犯パトロール隊の隊長を務めている

築地 隆夫さん

海老名市大谷北在住 79歳

12月17日号

會澤 敏夫さん

石工としての功績が評価され、文化庁長官表彰を受賞する

會澤 敏夫さん

座間市ひばりが丘在住 72歳

12月10日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook