海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年9月16日号 エリアトップへ

「みんなの食堂」の代表を務める 大島 正江さん 中新田在住 59歳

掲載号:2016年9月16日号

  • LINE
  • hatena

手を差し伸べる心を広める

 ○…貧困家庭や孤食の子どもたちに低料金で料理を提供するという”子ども食堂”を「海老名でもやりたい」という主婦が集まり、地域住民に夕食を提供している「みんなの食堂」。地域の温かみを感じる空間の中で、そこに来た子どもたちは自分の孫、その母親たちは我が子のように優しく接している姿が印象的だ。「地域のためにお手伝いができているという満足感はある。本当に必要としている家庭に提供できるよう、継続していくことが大切」と話す。

 ○…地元農家に嫁いで以来、趣味以外での外出はほとんどない生活。そんな中、全国的に広まる「子ども食堂」の報道に触れて「こうした活動で世の中に恩返しをしたい」と知人に相談。同じ志を持っている主婦たちに共感の輪が広がり、わずか1カ月で実施へと漕ぎ着けた。「主婦のパワーを改めて感じました。これまで全然知らなかった人たちとも触れ合うことが出来て、やっている方も毎回楽しみです」と白い歯を見せる。

 ○…「明日死ぬかも知れない――」。今回の事業を始めたきっかけは、こうした思いが根底にある。30代後半に乳がんを罹患。小学生2人の幼い子どもがいたが、「死の事ばかり考えてしまい、途方に暮れてよく涙を流していましたね」と当時を語る。何かに集中して気晴らしをしようと友人から紹介され始めたのが、バドミントンや水墨。続けているうちにもっと上手になりたいと向上心が芽生え、熱心に打ち込んだ。「『お母さん、昔よりも今の方が元気だね』と子どもから言われるぐらい、今は元気になりました」と笑う。

 ○…病気を含め、多くの人から助けられたという思いがあり、”生”への意識は人一倍強い。子どもがいることで支えられた部分も大きく、「子どもが成長しない世の中はダメ。色んな影響を受けながら、差別なく、素直な人に育って欲しい」と願う。出来ることに全力を注ぎ、地域の将来に希望を描く。

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

吉田 義人さん

座間市議会の議長に就任した

吉田 義人さん

座間市ひばりが丘在住 52歳

10月23日号

相原 京子さん

3市にウエットティッシュを寄贈した宅建協会県央東支部の支部長を務める

相原 京子さん

(株)アイ・エステート社長 65歳

10月16日号

高澤 真奈美さん

市民団体「座間子育て応援プロジェクト」の代表を務める

高澤 真奈美さん

ひばりが丘在住 54歳

10月9日号

落合 顕也さん

海老名市消防団第14分団に加入した

落合 顕也さん

海老名市上河内在住 18歳

10月2日号

佐藤 弥斗さん

座間市長選挙で初当選を果たし、10月1日付けで座間市長に就任する

佐藤 弥斗さん

座間市小松原在住 50歳

9月25日号

久保 美絵さん

海老名市内で初となるフリースクールを開設した

久保 美絵さん

海老名市上今泉在住 43歳

9月18日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク