海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

海老名市 地元企業と災害協定締結 要配慮者の移送体制強化

社会

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena
左から飯田代表、内野市長、豊島代表写真=海老名市提供
左から飯田代表、内野市長、豊島代表写真=海老名市提供

 海老名市は11月14日、(株)ハートフルタクシー(飯田隆明代表取締役社長)と(株)ユタカトラベル(豊島洋次代表取締役社長)の2社と「災害時等における要配慮者等の移送協力に関する協定」を締結した。

 同協定は地震災害や風水害などの発生時に、要配慮者等を迅速かつ適切に移送するためのもの。両社代表が内野優市長のもとを訪れ、協定書が取り交わされた。

 移送対象の要配慮者とは、高齢者や障害者、乳幼児など、災害発生時に特に支援を必要とする人を指す。障害者の死亡率が高かった東日本大震災や、余震の長さから避難所でパニックや不安症になる人が多くいた熊本地震の経験から、「要配慮者が安心できる場所に移動する方法が必要」として、市が地元の両企業に打診したという。

 協定を結んだ(株)ハートフルタクシーは、「おもいやり・やさしさ日本一のタクシー会社」を目指す企業。子育て中の女性が働きやすくなるよう社員対象の無料託児所を開設しているほか、12月に行われる海老名の魅力発信と婚活を織り交ぜた「縁結びタクシーツアー」など、さまざまな地域貢献にも取り組んでいる。

 飯田代表は「東日本大震災のとき、地域の方に助けていただいた恩を、返すことができれば」と話した。

 一方の(株)ユタカトラベルは創業36年の旅行会社で、大型から小型まで計14車両を保有している。観光バスをはじめ、企業や団体、学校行事での送迎などを業務にする地元企業だ。2年前の大雪では、JRの架線トラブルで電車内に取り残された利用客の振替輸送に尽力している。

 豊島代表は「万が一の災害時に、市民の皆様から普段受けているご厚意の恩返しができれば幸せです」と話した。

安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

巡回展で3市めぐる

聖火トーチ

巡回展で3市めぐる 文化

海老名市では6月29日に聖火リレー

4月16日号

非接触型カフェ開店

レンブラントホテル海老名

非接触型カフェ開店 経済

入店から退店まで接客なし

4月16日号

分担金変更案を否決

高座清掃施設組合議会

分担金変更案を否決 社会

ごみ減量実績めぐり白熱

4月9日号

成人フェス開催へ

成人フェス開催へ 社会

座間RCなど地域団体で盛り上げ

4月9日号

10年ぶり全国制覇

5世代の車両一堂に

ロマンスカーミュージアム

5世代の車両一堂に 経済

国内最大級の沿線ジオラマも

4月2日号

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter