海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

県内でも珍しい ニラ生産者、海老名に 季節限定 “街中華”で餃子も

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
出荷前のニラを手にする伊田順一さん
出荷前のニラを手にする伊田順一さん

 親子2代で農業を営む海老名市大谷北の伊田順一さん(39)は、県内でも珍しいニラの生産者。収穫晩期となる11月に向けて出荷の真っただ中にある。

 JA全農かながわによると、県内でニラを生産している農家の数は「実態を把握しきれていないほど少ない」。伊田さんの話では「県内にニラ専門の農家は自分しかいないのでは」という。

 伊田さんがこだわるのは屋外で育てる露地栽培。直射日光を浴び、風に吹かれて成長することで、ニラ本来の甘味や香りが増し、味に深みが出るという。市場で流通するニラの多くは効率のいいハウス栽培だが、これからも露地栽培を続けるという。

 そんな伊田さんのニラに、海老名市中央の中華料理店「チャイナハウス丸福」が注目している。同店では今年9月から、海老名ニラ餃子(5個360円)の提供を始めた。オーナーで料理人の鈴木幸一さん(64)は「普通のニラより香りが強い。餃子のタネによく合う」と太鼓判を押す。

 ニラの収穫時期は11月上旬まで。丸福のニラ餃子も同時期に販売終了となる。伊田さんのニラは海老名市大谷のJAさがみグリーンセンターと座間市広野台のイオンモール座間で購入できる。

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

コスモス今年も

退席は適切だったのか

退席は適切だったのか 政治

デスク・レポート

10月23日号

入谷歌舞伎を上映

入谷歌舞伎を上映 文化

10月25日 入場無料

10月23日号

風景写真など70点展示

風景写真など70点展示 文化

海老名フォトギャラリー

10月23日号

里山でマルシェ

里山でマルシェ 社会

海老名の鈴木農園

10月23日号

坂道歩いて景品ゲット

座間市

坂道歩いて景品ゲット 文化

11月30日まで

10月23日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク