座間版 掲載号:2018年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

商工会工業会 事業継続へ協力誓う 賀詞交換会に130人

経済

鏡開きをする長本会長(中央)と窪会長(左から2人目)ら参加者
鏡開きをする長本会長(中央)と窪会長(左から2人目)ら参加者
 座間市商工会(長本享一会長)と座間工業会(窪博之会長)主催の新春賀詞交換会が1月23日、オークラフロンティアホテル海老名で行われた。商工業者などの会員や来賓など約130人が新年のあいさつを交わし、2018年の飛躍を誓い合った。

 会には、遠藤三紀夫市長や芥川薫県議会議員、吉田義人市議会副議長など来賓が多く出席。あいさつに立った長本会長は、廃業の理由として事業承継の難しさを課題に挙げ「本日お集まりの皆様のお知恵を借りながら、会社を盛り上げ継続していけるようにしていきたい」と抱負を語った。

 窪会長は、やはり後継者不足を課題とし、120以上あった会員数がこの15年間で84まで減ってしまったことを話題に挙げ「我々は会員増強だけではなく、減らさないようにしていく努力もしていかなければならない」と話した。そして、「皆様と一緒に一歩ずつ歩んでいきたい」と決意を述べた。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

座間の道を知る

座間の道を知る

市内の標柱集め展示

5月10日~6月4日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク