座間版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • hatena

「泥まみれ」の国際交流 8カ国が田んぼ体験

スポーツ

泥の中へ思いっきり飛び込む参加者
泥の中へ思いっきり飛び込む参加者
 泥リンピックや田植えを通した国際交流企画「親子DE泥んこ田植え体験」が6月2日、四ツ谷の田んぼで行われ、8カ国から親子ら約百人が参加した。

 国際交流団体「絆インターナショナル」や座間市国際交流協会、子ども向けイベントを企画する「ハンドインハンド」、(一社)座間青年会議所が協力し、初めて開催された。参加者は宝探しゲームやビーチフラッグならぬ「田んぼフラッグ」、ハイハイ競争で全身泥まみれに。もち米の田植えを終えると、心地よい疲労感に包まれ、参加者は温かい笑顔を見せた。

 絆インターナショナルの田村香織さんは「顔が泥まみれになって、誰も人種を気にしない状況が良かった。とても楽しかった」と語った。

 植えたもち米は今後、稲刈りや餅つき体験に活用される予定。

ハイハイ競争(上)、田植え(下)を楽しむ参加者
ハイハイ競争(上)、田植え(下)を楽しむ参加者

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

受講者を募集中

受講者を募集中

認知症サポーター講座

1月25日~1月25日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク