座間版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

「念願」百名山を踏破 新田宿在住 73歳 滝澤洋子さん

社会

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
99座目に登頂した鹿島槍ヶ岳に立つ滝澤さん
99座目に登頂した鹿島槍ヶ岳に立つ滝澤さん

 市内新田宿在住の73歳、滝澤洋子さんがこのほど「日本百名山」を踏破した。かねてより登山が趣味だった滝澤さんは、母の介護や自身の闘病などを経て70代で一念発起。3000m級の山々にも果敢に挑み、過去2年間で41座を登頂した。

 日本百名山は深田久弥による山岳手記。標高1500mを超える山々を北は北海道、南は屋久島にわたり紹介している。手記は多くの登山家に親しまれており挑戦する人も多いが、70代女性による踏破は珍しいという。

 滝澤さんが初めて登山に挑んだのは21歳の時。家族とともに富士山に登ったのが始まりだという。以来、登山とは縁の薄い人生を歩んできたが、50代で自然と一体になれる登山の魅力に取りつかれ、気づいた時には百名山のうち51座を登頂していた。

 しかし、母の介護などに追われるようになり、70歳を前に再び山とは遠ざかった生活に。母を見送った後には自身に初期の胃ガンが見つかり、闘病生活を余儀なくされた。

 「入院中は身体を動かせないのが辛かった」と滝澤さんは振り返る。筋力衰退への恐怖から、看護師に隠れて早朝に病院の敷地内をウォーキングした。「元気になったら、百名山を全て登りたい」――。新たな目標を見つけ、足腰を動かし続けた。

 以来、日本各地をめぐる日々が始まった。旅先では、標高2000〜3000m級の山々を3泊ほどかけて一気に2〜3座登頂。多いときには月に3回は登山旅行に出かけた。

そこにしかない絶景求めて

 登山の魅力は、山でしか出会えない景色を楽しめることだと滝澤さんは話す。「標高2000mを超えると景色が変わるんです。ニッコウキスゲやマツムシソウが一面に生い茂って、さながら自然の庭園」。更に登ると雲は眼下に広がり、また別の絶景が現れる。「登山は大変だけれど、素晴らしい景色と出会うと疲れも忘れられる」

ゆっくりと、確実に

 最難関は、今年8月に登頂した、標高2999mの剱岳(つるぎだけ)。身長150cmに満たない滝澤さんにとって、大きな岩場続きの登山は困難を極めた。「岩を這うようにして一歩ずつ、ゆっくりゆっくり進んでいって。通常の1・5倍くらいの時間をかけて登りました」。苦労の連続だったが、剱岳から見上げた満点の星空は一生ものの景色になった。

 最後の1座は、新潟県の苗場山。決して難易度の高い山ではないが、あえて残した。「この辺りは主人の生まれ故郷で。まだ子どもが小さかった時に、家族で途中まで登ったんです」

 登頂の報せを受け、山でであった仲間からもお祝いの言葉が次々に届いた。「皆私より歳が下の人ばかりなんだけれど、凄く良くしてくれました。家族に友人、色んな人に支えられ、初めてできたこと」。今後は身近な山に登り続けながら、応援し続けてくれた夫とともにゆったりと旅行を楽しむ予定だという。

座間版のトップニュース最新6

19年上半期を振り返る

19年上半期を振り返る 社会

市内初の映画館構想発表

12月13日号

長年の活動を評価

ざま災害ボラネット

長年の活動を評価 社会

神奈川地域社会事業賞を受賞

12月13日号

開通が再々延期

(仮称)綾瀬スマートIC

開通が再々延期 経済

「20年上半期」から「21年夏頃」に

12月6日号

2年連続大賞を受賞

座間洋らんセンター

2年連続大賞を受賞 文化

全国花き品評会

12月6日号

「プラっとざま」オープン

「プラっとざま」オープン 社会

多世代交流の拠点に

11月29日号

身寄りない遺骨を埋葬

(社福)足跡の会

身寄りない遺骨を埋葬 社会

4月から協働でセミナー

11月29日号

催しでリユース食器導入

市内初

催しでリユース食器導入 社会

ひばりショッピングタウン

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月12日~1月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク