厚木版 掲載号:2012年10月5日号

「あつぎスイーツランド」に出店する県菓子工業組合厚木支部長

内海(うちうみ)政明さん

泉町在住 57歳

好物はどら焼き

 ○…10月7日(日)・8日(祝)に行われる「かながわフードバトルinあつぎ」と同時開催の「あつぎスイーツランド」。厚木公園を会場に、市内各店が自慢のスイーツを出店する。県菓子工業組合厚木支部では、あゆコロちゃんの焼き印付きのどら焼きのほか、アツアツの揚げ饅頭を実演販売。現在は当日への準備を進めている。「揚げたてはなかなか味わえないのでぜひ食べてほしい」と熱い言葉。

 ○…昨年4月、支部長に就任した。支部の活動のひとつは、季節の行事に応じた和菓子の普及啓発。「和菓子は人生とマッチしていると思うんですよ。生まれたら誕生餅、法事には饅頭。生まれて死ぬまで、その傍には和菓子がある」。仲間たちと話していると気づくのが、それぞれの店の独自性。「見た目は同じ柏餅でも、あんこの中身も手順も全然違う。一家で継いできたものなんだろうね」。饒舌に語る笑顔がまぶしい。

 ○…本厚木駅南口近くに店を構える、創業59年の老舗「喜月」の2代目。「昔は駅の裏が遊び場だったよ。三越があるところに大きな水たまりがあってさ…」と当時へタイムスリップ。父からは進路について何も言われなかったが、高校卒業後は自らの意志で東京の製菓学校へ。卒業後は板橋の和菓子屋で3年間修行した。在学中から続けていたのが、業界専門誌への投稿。終業後に季節をテーマにした上生菓子を作り、そのまま出版社へ持っていく。「5年間投稿して、初めてカラーで載ったときは嬉しかったよ」と振り返る。当時の作業道具は今でも現役だ。

 ○…和菓子から自然エネルギーまで「和菓子屋もいろいろと考えていかないとね」と話の題材が幅広い。いまでこそ無趣味だが、若い頃は釣りに大ハマり。4時に仕事を終えるとそのまま芦ノ湖へバス釣りに飛んで行ったことも。数年前に肩を悪くしてからはお休み中。好きな和菓子はどら焼き。「意外と焼酎のお茶割りに合う」そうだ。
 

厚木版の人物風土記最新6件

国丸 リサさん

厚木市成人式「はたちのつどい」で音楽ライブを行った

国丸 リサさん

1月20日号

丹羽 結希さん

設立40周年を迎えた相模国飯山白龍太鼓保存会の会長を務める

丹羽 結希さん

1月13日号

小澤 伸悟さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第49代理事長に就任した

小澤 伸悟さん

1月6日号

鈴木 百萌子さん

車椅子バスケットボール女子日本代表選手でパラスポーツトライアルに参加した

鈴木 百萌子さん

12月16日号

山下 俊紀さん

さがみ介護ロボット開発支援センター所長で介護・医療ロボットの開発を支える

山下 俊紀さん

12月9日号

中村 幹夫さん

11月1日付で厚木商工会議所の第10代会頭に就任した

中村 幹夫さん

12月2日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

見て触れる最先端技術

見て触れる最先端技術

4月20日 NTT研究開発センタ

4月20日~4月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク