厚木版 掲載号:2013年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

6月で1周年を迎えた「懐かしの童謡・唱歌」のイベントを主宰する 和久井 豊さん 旭町在住 76歳

「童謡は心のふるさと」

 ○…ヤングコミュニティセンターで2カ月に一度のペースで開催している『人生は高齢(これ)からだ』と題した懐かしの童謡・唱歌イベントが今月で一周年を迎えた。ピアノ伴奏に合わせ、歌を声に出してみんなで歌うことで明るく楽しい人生を過ごしてもらおうと企画した。曲は『夏の思い出』や『浜辺の歌』など昔学校で歌った懐かしい曲ばかり。「その歌ができた時代背景や作詞家・作曲家が歌に込めた思いやエピソード、日本の小動物への愛情など人間の心を癒すものが描かれ、家族の愛や心遣いが込められています」と、魅力をしみじみ語る。「私を突き動かしているのは日本文化そのものだね」とも。

 ○…「童謡は心のふるさと」がモットー。「生きてきた環境も出身も人それぞれ。ともに楽しみ、歌い終えたとき世代を超えて感動を共有できるのが良い。宝物ですね」と屈託のない笑顔を見せる。参加者からは、「青春時代がよみがえってきた。歌い継ぐことの大切さを知ることができた」との声も多いそうだ。

 ○…栃木生まれ。中学からアルバイトをし、高校までは地元で過ごした。19歳で上京したが、就職難で生産管理や営業など様々な職種を経験し「仕事人間」だったと振り返る。秦野市曽屋に住んでいたとき、行きつけの喫茶店『カフェ・ド・ララ』に歌声喫茶をやりませんかと提案し、お客さんがたくさん来てくれたことがそもそもの立ち上げのきっかけだ。それで厚木でもやってみたいと思うようになったという。

 ○…独学でピアノも学んだ。「好きだったからできたんでしょうね。情熱があったのかな。年を取っても、心のありようで青春が味わえますよ」とはにかむ。昨年4月に結成した市内で活動する平均年齢70歳の「オヤジバンド」のメンバーで担当はピアノ。「だんだんさまになってきているかな…」と”クリスマスデビュー”に向けて練習を重ねている。妻と二人暮らし。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

亀山 珠樹さん

さつき病児保育室の実施法人(株)LIFE DOORの代表取締役を務める

亀山 珠樹さん

2月16日号

臼井 スミ子さん

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める

臼井 スミ子さん

2月9日号

内田 正晴さん

県スポーツ優秀選手表彰を受けた、林中学校男子団体形競技チームの監督を務める

内田 正晴さん

2月2日号

植森 貴政さん

県優良工場表彰を受けた(株)コスモテックスの代表取締役

植森 貴政さん

1月26日号

森 義信さん

救急車の適正利用や民間救急サービスの普及に尽力している

森 義信さん

1月19日号

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク