厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

アジアンJrで子どもチアチームを初優勝に導いた 遠藤 志津枝さん みはる野在住 44歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

チアで育てる子どもの未来

 ○…「同じ時間なら、自分より子どもたちの成長に費やしたい」。その思いで設立したチアリーディングチーム「あつぎオールスターズ」は今年で7年目。通うのは、主に市内の未就学児から中学生およそ80人。選手の育成は2年目からスタートし、国内主要大会の優勝や世界選手権への出場など、着実に子どもたちの成長を後押し。5月14日、15日に行われたアジアンジュニアでは初優勝に導いた。

 ○…指導のモットーは、「自主性を尊重すること」。演技中の笑顔も「本番だけの作り笑顔より心から楽しみが溢れて笑えることが理想」。そこには「本当にチアを好きになってほしい」という思いがある。明るい笑顔とその人柄に誰もが惹きつけられる。練習では、真剣な表情で耳を傾ける子どもたちの姿があった。

 ○…町田市生まれ。厚木に来たのは10年ほど前。小学4年のとき、体操クラブに入って以来、器械体操や新体操といった「体で表現するスポーツ」一筋。指導者を目指し入学した日本体育大学で、チアリーディングと出会う。最初は失敗やケガも多かった。「怖いながら受け止めてくれる仲間」と出会い、信頼関係の素晴らしさにチアの魅力を感じた。ハマってからはとことん突き詰める性格。本場のチアを学びたい一心で、渡米を決意。卒業後、資金を貯めるために3年の社会人を経て、単身フロリダへ渡り、4年間集中して学んだ。今より情報収集が難しい時代、苦労も多かったがチアへの思いは深まった。

 ○…日々の大半をあつぎオールスターズに費やす。息抜きに始めた吹きガラスも、制作中に考えることはチアのことばかり。先の夢を尋ねるも「子どもの成長が見られる今がすごく充実している」と笑顔。「心も体も強いチームに育てたい。でもチアをずっと続けられるわけじゃないから、社会に出てもプラスになるような成長をさせてあげたいですね」。その眼差しには愛情が溢れていた。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

伊藤 真弓さん

NPO法人ライラック心の会の理事長を務める

伊藤 真弓さん

愛川町中津在住 53歳

1月14日号

小島 圭太さん

1月1日付けで、(公社)厚木青年会議所第54代理事長に就任した

小島 圭太さん

厚木市元町在住 39歳

1月7日号

深津 彰詞さん

清川村に拠点を移した(一社)しっぽ村の代表理事を務める

深津 彰詞さん

厚木市林在住 45歳

12月17日号

のむら うこさん

最新作で第6回絵本出版賞・審査員特別賞を受賞した絵本作家

のむら うこさん

厚木市毛利台在住 45歳

12月10日号

福島 和幸さん

厚木神社での骨董市を主催する

福島 和幸さん

厚木市妻田西在住 66歳

12月3日号

吉野 恵さん

市民団体・あつぎコミュニティメーカーの代表を務める

吉野 恵さん

厚木市妻田北在住 43歳

11月26日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook