厚木・愛川・清川版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

厚木市成人式「はたちのつどい」で音楽ライブを行った 国丸 リサさん シンガーソングライター 20歳

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena

一期一会を自分の学びに

 ○…成人式で音楽ライブを行ったのは今回が2度目。1度目は2015年。第1回あつぎミュージックフェスティバルの新人発掘オーディション大賞として配信デビュー曲を歌った。今回は自身と同い年の新成人を前にしてのステージ。「ハタチという子どもから大人になる大きな区切りの中で、改めてステージに立てたのは良い経験になりました」と振り返る。

 ○…披露したのは、作詞作曲したオリジナル曲『Song for Life〜ヒーローになれなくても〜』。病に負けず前向きに頑張っている知人との交流の中で生まれた作品だ。「面と向かって言うのが重たいことでも、曲だったら表現できる」。YouTubeで公開された動画には温かいコメントが寄せられた。「届く人には届くんだなと思いました」と笑顔を見せる。成人式のステージでも間奏の「ラララ」が客席からこだました。

 ○…新人発掘オーディションの大賞受賞からここまでの3年間で大きく変わったのは、自分にファンができたこと。昨年からはライブハウスでの演奏も始めた。今月28日も下北沢でのライブに出演する。1000人以上の前で歌うときも、一人の前で歌うときも、大切にしているのは「一期一会」のココロ。「次はいつ会えるのか分からないから、聴いてくれる人のために全力でやるだけです」とまっすぐな目で語る。もうひとつ、大事にしているのが商売道具。マイクやチューナーは、自分の声や楽器の周波数に合ったものを厳選。成人式のステージでも、もちろんマイマイクを持参した。

 ○…TOEIC975点の才女。その英語力は、YouTubeで英語の動画を見ることで身に付けた。最近では道に迷っていそうな外国人観光客に声をかけ、道案内から人生について語ったことも。「色々な人と話して学びたいんです。人生を一番楽しんでいるかもしれませんね」とはにかんだ。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

熊澤 巌さん

第33代本厚木駅の駅長を務める

熊澤 巌さん

 50歳

8月14日号

柳家 小太郎さん(本名:塚本洋平)

来年3月の真打昇進を決めた落語家

柳家 小太郎さん(本名:塚本洋平)

厚木市中依知出身 41歳

8月7日号

飯塚 正道さん

厚木市文化芸術振興委員会委員長を務める

飯塚 正道さん

厚木市三田南在住 70歳

7月31日号

梶田 冬磨さん

清川村PR大使に6月30日付けで就任した

梶田 冬磨さん

都内在住 20歳

7月24日号

杉山 千秋さん

厚木市森林組合の代表理事組合長に6月30日付で就任した

杉山 千秋さん

厚木市岡津古久在住 68歳

7月17日号

中須 功一さん

5月29日付けで厚木市建設業二世会の会長に就任した

中須 功一さん

厚木市愛名在住 47歳

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク