厚木・愛川・清川版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

8月27日(日)開催「建設フェスタ」の実行委員長を務める 吉次(よしつぐ) 竜二さん 戸田在住 45歳

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena

やるからには徹底的に

 ○…厚木で初めての開催となる「建設フェスタ」。主催は一般社団法人厚木市建設業協会。関野耕正会長直々に指名され、「建設業を広く知ってもらえる良い機会になれば」と引き受けた。来年40周年を迎える同会のプレイベントとして企画されたが「やるからには徹底的にやりたい」と気合が入る。

 ○…実行委員会のメンバーは13人。自身が会長を務める建設業二世会の若手と、OBが中心となっている。年齢も考えもそれぞれで、「意見をまとめるのが大変だった」と吐露する。しかし「良いものを作り上げたいという気持ちの表れ」と、舵取り役として前向きに捉える。

 ○…厚木生まれの厚木育ち。相川小、東名中と進み、高校卒業後、父親が経営する(株)吉次土木に就職。「まさか父親と同じ仕事をするとは思っていなかった」と茶化す。東日本大震災のとき、ボランティアで宮城県東松島市へ。がれきの除去や道路を復興させる姿を目の当たりにし「建設業は道を拓く仕事だ」と、以前よりも真剣に仕事を取り組むようになった。5年前に二代目に就任し「今は継いで良かったと思っている」と穏やかな笑顔を見せる。

 ○…趣味はツーリング。所有するバイクは4台。早朝5時に厚木を出発し、海風に吹かれながらひとり、西湘バイパスを走り箱根まで。また大のハードロック、ヘヴィメタ好き。小学6年の時、イギリスのヘヴィメタバンド「アイアン・メイデン」のスティーヴ・ハリスに魅せられ、ベースを始めた。学生時代はライブハウスで演奏することもあったとか。もう演奏は辞めてしまったが、今でもよく聴いているそう。

 ○…あさって開催のフェスタへ向け、「保護者にも、子どもたちにも建設業に興味を持ってもらいたい」とまっすぐに答える。中途半端なことは大嫌い。「今年成功させて、来年の40周年につなげたい」と背筋を伸ばした。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

吉岡 勝さん

『たんぽぽと太陽』(文芸社)で絵本作家デビューした

吉岡 勝さん

厚木市温水在住 57歳

11月20日号

垣澤 瑞貴さん

映像配信プロジェクトを始動した相模里神楽垣澤社中の神楽師

垣澤 瑞貴さん

厚木市在住 37歳

11月13日号

大橋 雅敏さん

創立35周年を迎えたふれあい自然探鳥会で中心的役割を担う

大橋 雅敏さん

厚木市林在住 68歳

11月6日号

山崎 俊博さん

明日までTobioギャラリーで写真展を開催している

山崎 俊博さん

厚木市棚沢在住 73歳

10月30日号

安川 芳枝さん

11月1日から厚木で再始動する「しっぽ村」で中心的役割を担っている

安川 芳枝さん

清川村在住 36歳

10月23日号

石原 生美夫さん

厚木市に事務局を置く『グループ完』の代表を務める

石原 生美夫さん

藤沢市在住 67歳

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク