厚木版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • はてぶ

あつぎ文化芸術特別大使として市内の文化振興に尽力する 横内 謙介さん 厚木高校出身 56歳

厚木を文化・芸術のメッカに

 ○…劇作家、演出家として演劇界はもちろん、テレビやイベントの構成、演出などを数多く手がけてきた。厚木高校に3年間通った縁で、2010年にあつぎ文化芸術特別大使に就任。今年、5期目を引き受けた。「厚木は文化の厚みがある。榊原郁恵さん、小泉今日子さん、TUBE、いきものがかりと、一流アーティストを輩出してきた。県央の文化・芸術のメッカになれる」と力説する。

 ○…それには確かな手応えがある。14年から開催しているミュージックフェスティバルだ。「大手の代理店ではなく、厚木のスタッフ、スポンサーだけで成功させている。こんなイベントはなかなかないよ」。演劇以上に音楽の可能性を目の当たりにした。そして、次の構想もすでにある。「厚木で野外ライブをやる。大物アーティストを呼んで、全国から人を集めたい」。

 ○…東京都杉並区の生まれ。中学2年の時に大和市に転居。「良い大学に進学するため」と選んだのが厚高だった。勧誘された演劇部に入部し、たまたま見に行った、つかこうへいさんの演劇に衝撃を受けた。「こんな面白いものを作るのは凄い」。作り手に興味が湧き、高2で作った処女作が全国コンクールの2位に。「厚高での3年間が全部、今に繋がっている」と回想する。

 ○…主宰する扉座の公演、次世代の役者を育てるアカデミーなど、今でも厚木に腰を据えて活動する。その理由は「人との繋がりがあるから」ときっぱり。20年以上にわたり、扉座の活動を支える「市民応援団」など、厚木には深い縁と恩がある。「大使として、文化の力で若者が集まる街にしたい。遠回りのようだけど、文化振興がまちの活性化に繋がる。そのためのアピールをもっとしていきたいし、厚木ならきっとそれができるはず」

厚木版の人物風土記最新6件

三浦 竜さん

ユリの魅力を伝える「2019リリーアンバサダー」に認定された

三浦 竜さん

11月16日号

小松 克生(かつお)さん

武部鉄工所労働組合の執行委員長を務める

小松 克生(かつお)さん

11月9日号

大塚 祐二さん

NPO法人障碍者支援センター鮎の風の理事長として障害者の雇用拡大に尽力する

大塚 祐二さん

11月2日号

田中 祥人(よしと)さん

にぎわいアドベンチャー隊長として『あつぎハロウィーン2018』の企画運営に携わる

田中 祥人(よしと)さん

10月26日号

中村 賢史(けんし)さん

第49回全国白バイ安全運転競技大会個人の部で総合優勝した

中村 賢史(けんし)さん

10月19日号

有坂 克幸さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の会長として子どもの安全・安心に尽力する

有坂 克幸さん

10月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク