厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

「厚木知ってる率78%」 横浜でシティプロモーション

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
来場者に啓発物を手渡す市職員
来場者に啓発物を手渡す市職員

 厚木市は10月20日、横浜市港北区にある複合型商業施設トレッサ横浜で、愛川町・清川村と合同のシティプロモーションを実施した。会場で実施されたアンケート調査の「厚木・愛甲エリアを知っていたか」の問いには、「知っている」が78%、「知らない」が21%だった。

 この事業は、秋の行楽シーズンやにぎわい爆発!あつぎ国際大道芸などの一大イベントを前に、厚木市の観光スポットや特産品をPRし、地域の活性化につなげることを目的に行われたもの。主催したのは、厚木・愛甲まちづくり研究会。

 厚木市・愛川町・清川村で構成される同研究会は、1997年に3市町村の行政課題に広域的に取り組むために組織された。会長には小林常良厚木市長が就いている。これまで公共施設の相互利用や、住民票の相互交付などを実現してきた。

 今回PRが行われたトレッサ横浜は、敷地面積7万1000平方メートル、駐車場2700台、店舗数220店という広大な商業施設。来店者の多くが子育て世代であることから会場に選ばれた。継続的なPRのため、昨年に続き2回目の実施で、会場では地場野菜や特産品の販売、写真や大型ビジョンでの3市町村の紹介が展開された。

 来場者に実施されたアンケート調査(回答数173人)では厚木・愛甲エリアの知名度や今後のPR活動に繋がる質問が10項目挙げられた。「行ってみたいと思うか」の問いには「行ってみたい」に87%の回答があり、行ってみたい場所としては、宮ケ瀬ダム、七沢・飯山温泉、丹沢・大山山地、清川道の駅などが多く挙がった。同研究会では「厚木・愛甲エリアを訪れていただくきっかけづくりができた。今後も当エリアにおける交流人口や定住人口の増加と地域の活性化に向けて連携した取り組みを行っていきたい」と話していた。

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

子どもの守り神に

恩名興福寺

子どもの守り神に 文化

山門前に地蔵尊を建立

10月1日号

産後のサポート事業拡充

厚木市

産後のサポート事業拡充 社会

母子のデイケアサービス開始

10月1日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook