厚木版 掲載号:2018年12月21日号
  • LINE
  • hatena

世界で活躍する建築家で、12月8日に凱旋記念講演を行った 石上 純也さん 鳶尾出身 44歳

在り方つきつめ作品に

 ○…今年、パリの現代美術館「カルティエ現代美術財団」で建築家を特集する初の大規模個展に抜擢され、改めて脚光を浴びた。モスクワ科学技術博物館のリノベーションや、世界各地でプロジェクトを進行させている、世界が注目する厚木出身の建築家だ。

 ○…荻野小、荻野中、厚木高校卒。東京藝大大学院修士課程を修了後、妹島(せじま)和世建築設計事務所に勤務、2004年に独立。09年には日本建築学会賞を、翌10年には第12回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞を受賞。厚木では神奈川工科大学KAIT工房やアミューあつぎの屋内広場solaなども手掛けている。

 ○…コジマホールディングスの社会貢献活動の一環で、世界で活躍する建築家として招かれ凱旋講演を行った。講演テーマは「自作について」。すべて計算しつくされ人工的に作られた森や、洞窟のようなレストラン兼住居、間口1・3m・高さ45mの教会などの作品について語った。「学生時代の先生や地元の友人など、知った顔が多く来てくれた。自分が何をやっているか、わかってくれたかな」と笑った。講演の質疑で、建て替えの話が進んでいる厚木市庁舎を設計してくれないか、との問いに「発注してくれれば考えますよ」と、場内を湧かせた。

 ○…「モノづくり」への興味から進んだ建築の道。思考の根本にあるものは「(建築物を)使う人と建築文化に、同時に影響できる事をやっていきたい」ときっぱり。構造物の在り方(役割)をシンプルにつきつめ、その個性を拡張、自身の思考が加わり増幅させることで、作品となる。自身が参画する神奈川工科大の新プロジェクトは、いよいよ来年着工。彼の作品がまたひとつ、厚木で見られることになる。

厚木版の人物風土記最新6件

有賀 慶介さん

全日本年金者組合厚木支部の支部長を務める

有賀 慶介さん

2月22日号

須田 哲史さん

厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会のリーダーを務める

須田 哲史さん

2月15日号

品川 未知子さん

日本刺繍アーチストとして、2月18日から初の個展を開催する

品川 未知子さん

2月8日号

大野 一郎さん

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める

大野 一郎さん

2月1日号

山本 智明さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の創立50周年記念祝賀会の実行委員長を務める

山本 智明さん

1月25日号

萩原 トミエさん

厚木市内11カ所で絵手紙教室の講師を務め、現在年賀状展を開催中の

萩原 トミエさん

1月18日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク