厚木版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

厚木市長選 事前説明会に5陣営 2月10日告示 17日投開票

政治

説明を受ける参加者
説明を受ける参加者
 任期満了に伴う厚木市長選挙(2月10日告示、17日投開票)の立候補予定者事前説明会が、1月9日に市役所本庁舎4階大会議室で行われ=写真=、5陣営が出席した。=1月9日起稿

 この日の説明会に出席したのは、昨年12月25日までに立候補を表明した順に、現職の小林常良氏(69)、いずれも新人で郷土史家の島口健次氏(72)、県議の佐藤知一氏(48)、元市議の石射正英氏(64)の4陣営と、市民グループ「憲法を市政にいかし、すみよい厚木をつくる会」(小池康夫会長)。同会は本紙の取材に「候補者の擁立に向けて、検討を進めている段階」とし、「1週間から10日程度で候補者を立てるかどうか決めたい」と答えた。

 説明会は立候補受付事務を円滑に行うためのもので、出席しなくても立候補の届出ができる。

現職・小林氏

 小林氏は、1949年生まれ。日本大学卒。市職員、市議、県議を経て、2007年の市長選で、当時の現職の4選を阻み初当選。上依知在住。

 「市民協働」「現地対話主義」で進めた3期12年の実績を強調し、就任当初から掲げる「経済活性化・企業誘致」「子育て・教育環境日本一」「徹底した行財政改革」で、持続可能な「元気なまち」の実現をめざす。

新人・島口氏

 島口氏は、1946年生まれ。日本大学を中退後、神奈川県警察に入り35年間勤務。警部、公安刑事などを経て退職。毛利台在住。

 島口氏は、小林氏が市長就任1年目に、連続3期までとする多選自粛条例を提案し、市議会で制定されていることから「多選を阻止したい」と言及。新市庁舎の移転反対、文化・教養の街の推進などを主張する。

新人・佐藤氏

 佐藤氏は、1970年生まれ。早稲田大学大学院修了。市議を2期務め、2011年の県議選で初当選し、現在2期目。中町在住。

 「明るく楽しい厚木市」をキャッチフレーズに、団地の空き家対策として、宅幼老所やグループホーム設置で雇用やにぎわいを創出する地域再生などを政策に掲げる。「多選ストップ」や「市庁舎移転反対」を主張する。

新人・石射氏

 石射氏は、1954年生まれ。東京薬科大学卒。2003年に市議選で初当選し、市長選は11年、15年に続き3度目の挑戦。長谷在住。

 石射氏は、小林氏が提案した多選自粛条例について「現職市長の条例無視の立候補は許しがたい」という立場で、選挙戦で多選を問う考えを示している。学校給食費の無料化や、転入特別地域の創設などの政策を掲げる。

※※※

 市選管によると、12月3日時点の選挙人名簿登録者数は18万5500人(男性9万6053人、女性8万9447人)。市長選に5人が立候補するケースは、過去にはないという。

2月6日に公開討論会

 公益社団法人厚木青年会議所(白鳥佑記理事長)が主催する立候補予定者の公開討論会が、2月6日(水)に市文化会館大ホールで開かれる。午後6時半開場で、討論会は7時から9時。定員は1425人。入場は無料。

元厚木市議会議長 いしい正英

市民が生き活きと暮らすまち あつぎ

https://www.ishiimasahide.com/

<PR>

厚木版のトップニュース最新6件

178通りに咲く個性

救急出動件数が過去最多

厚木市消防本部

救急出動件数が過去最多

1月18日号

2,479人が門出

厚木市成人式

2,479人が門出

1月11日号

プロレスで厚木を元気に

厚木元気活性化委員会

プロレスで厚木を元気に

1月4日号

佐藤氏、石射氏が立候補へ

厚木市長選

佐藤氏、石射氏が立候補へ

1月4日号

強い商議所で地域に資する

新春特別企画

強い商議所で地域に資する

1月1日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひととき、言葉と旅をしよう

ひととき、言葉と旅をしよう

大人が楽しむおはなし会

2月7日~2月7日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク