厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

厚木市 きょうは「市制記念日」 64歳の誕生日

文化

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena
市役所1階に掲出されている市民憲章
市役所1階に掲出されている市民憲章

 今日2月1日(金)は、厚木市が施行された日、市制記念日。厚木市が誕生してから64年目を迎えた。市制記念日を通して、厚木市の歴史を振り返る。

 1955(昭和30)年2月1日、厚木町と南毛利村、睦合村、小鮎村、玉川村が合併し、県内13番目の市として誕生した厚木市。当時の人口は3万1295人だった。のちに相川、依知、荻野の3村が加わり、今の市域に。今年1月1日時点の人口は、22万5247人となっている。

 厚木市が生まれた日の市制記念日にちなみ、市はこれまで、さまざまな事業を行ってきた。64(同39)年に市民憲章を制定。翌65(同40)年には厚木市表彰がスタート。69(同44)年には、市の木(モミジ)や市の花(サツキ)を決定し、「家庭のしつけ」について明文化した。

 また、2005(平成17)年の50周年では、北海道網走市、韓国軍浦市と友好都市を締結。“還暦”を迎えた15(同27)年には、記念式典をはじめ、あつぎ市民ふれあい都市宣言を発表した。

 ちなみに、市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」の誕生日も2月1日。明日2日(土)午前10時から午後3時まで、アミューあつぎ8階ほかで、誕生日を記念したセレモニーが行われる。入場は無料。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

AFC U─16女子選手権優勝

愛川町出身箕輪千慧選手

AFC U─16女子選手権優勝 スポーツ

W杯出場決定に貢献

10月11日号

テーマは“オレオレ詐欺”

妻田薬師素人芝居

テーマは“オレオレ詐欺” 文化

12日の縁日で奉納

10月11日号

コラボで伝統の制服再現

厚木東高×リカちゃん

コラボで伝統の制服再現 教育

常盤会が企画、来夏完成へ

10月4日号

“広告バス”で温暖化対策

厚木市

“広告バス”で温暖化対策 社会

12月末まで運行

10月4日号

新産業拠点創り本格始動

厚木市酒井地区

新産業拠点創り本格始動 社会

組合設立 都市計画も決定

9月27日号

新拠点がプレオープン

NPO法人結の樹よってけし

新拠点がプレオープン 社会

10月からカフェ開店

9月27日号

26日に若手サミット

厚木YEG

26日に若手サミット 社会

鮎まつりの未来を考える

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

400年前の郷土の歴史を探る

400年前の郷土の歴史を探る

10月27日(日) 荻野運動公園

10月27日~10月27日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク