厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

厚木市 「温泉」と「苺」で魅力PR 小田急線等900車両に広告掲出

社会

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市の魅力認知度を向上させようと現在市では、小田急線等の車両約900車両に、市の魅力をPRする広告を掲出している。広告のターゲットは、首都圏在住の20〜30歳代の女性。市内大学・企業の女性で構成されるプロジェクトチームが企画した。

 この取り組みは、厚木市まち・ひと・しごと創生総合戦略の重点項目である「20歳代の定住促進と転出抑制」を図る目的。市内の大学や企業に勤務する若い世代で構成された「厚木市地方創生推進プロジェクト」の女性メンバー11人が、昨年4月から住みたい、働きたい、訪れたいと思えるよう、厚木の魅力を効果的にPRするためのコピーやイラストを検討してきた。

 デザインを手がけたのは、市内幸町のデザイン会社「ティラミス」の松村剛司さんと鈴木ようこさん=写真。厚木の魅力の柱であり、季節的にも女性の心にも響く「温泉」と「苺」を題材に、「わたしが住んでいるあつぎは、思ったとき温泉にいける」と「わたしが住んでいるあつぎは、思ったとき苺の食べ放題に行ける」のコピーをつけた。松村さんは「“わたしが住んでいるあつぎ”としたのは、女性は想像力が豊かなので、自由に想像を膨らませやすいように」と話す。また、写真ではなくイラストにしたのも、同様の理由からという。

 このPR広告が掲載されるのは、小田急小田原線、小田急江ノ島線、小田急多摩線、東京メトロ千代田線、JR常磐線の通勤車両(特急以外)の約900車両の車内窓上。大きさは縦51・5cm、横28cmで、2パターンが掲出されている。

 なお、同広告はインスタグラムにも掲出されている。アカウント名「厚木市地方創生推進プロジェクト」で検索。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

ミャンマーで診療を再開

社会医療法人社団三思会

ミャンマーで診療を再開 社会

現地の医療不安の解消へ

8月19日号

ナイト放流3年ぶり開催

宮ヶ瀬ダム

ナイト放流3年ぶり開催 社会

愛川町 観光資源復活に期待

8月19日号

厚木管内は搬送倍増

熱中症

厚木管内は搬送倍増 社会

エアコンなど対策を

8月12日号

SDGsパートナー設立

厚木市

SDGsパートナー設立 社会

第1期を募集開始

8月12日号

コロナ専用病床を拡大

厚木市立病院

コロナ専用病床を拡大 社会

感染者増加に対応

8月5日号

謎の土器主役に特別展

謎の土器主役に特別展 文化

あつぎ郷土博物館

8月5日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook