厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

この4月に、学校法人ソニー学園湘北短期大学の第9代学長に就任した 高野瀬 一晃(かずあき)さん 65歳

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

「ネアカ」で人を育てる

 ○…「社会でほんとうに役立つ人材を育てる」。これまでとは畑違いだが、「人材育成」は熟知している。「ネアカでがんばろう」。ソニー(株)の創業者の1人、盛田昭夫氏の言葉を胸に、明るく、楽しむことを根底に据え、責務を全うする気概だ。

 ○…大学卒業後、部品・部材を購入する資材調達ビジネスで国内外を飛び回る。「初の海外赴任でアタッシュケースを持って香港島から九龍に向かうフェリーに乗った時には頭の中でブルース・リーのテーマ曲が流れたよ」と笑う。ソニーに入社したのは、1990年。朝刊の求人情報を偶然夫人が見つけたのがきっかけ。経験を買われ、ソニーでも資材調達を任せられた。当時は開発者ファーストの時代。様々な製品を世に送り出していたソニーでは各製品の開発・設計者がそれぞれに部品・部材を選定し、それを調達組織が購入していた。そうした風土を改革し、設計と資材調達が一体でモノづくりとコスト最適化に取り組むことを提唱。資材調達を担う社員のプロ意識を醸成するため「ソニー調達人材育成道場」を創設し、ソニーを支える「人」を育てた。

 ○…毎日のスタートは、学長室に到着と同時に、備え付けたオーディオのスイッチを入れること。モーツァルトを聴きながら、1日のスタートを切る。自身は合唱団に所属し、バスパートを担当。キャリアは20年以上。海外の大聖堂でモーツァルトのレクイエムを披露した経験も持つ。

 ○…「リーダーシップの育成に力を入れたい。ソニーのトップも家庭の中でもその役割は変わらないはず」。「1つの目標に向かって、常に前向きに新しいことを考え、“世の中で役に立つ”人」を育てる。この新しい使命を果たすべく、自身も明るく、フットワーク軽やかに、取り組んでいく。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

神崎 寿美代さん

ヨミガタリストとして10月19日に厚木市内で地元の民話語りを行う

神崎 寿美代さん

厚木市上荻野出身 52歳

10月18日号

松浦 広明さん

世界観光倫理委員会の委員に就任した

松浦 広明さん

松蔭大学副学長 40歳

10月11日号

頼住 道夫さん

スポーツを通した子どもたちの教育に尽力する

頼住 道夫さん

厚木市飯山在住 67歳

10月4日号

河辺 裕司さん

厚木警察署の署長に9月5日付で就任した

河辺 裕司さん

第96代署長 57歳

9月27日号

森 貞夫さん

厚木税務署長に就任した

森 貞夫さん

55歳

9月20日号

馬場 徹さん

9月16日に開催される昭和大衆演芸バラエティーショーをプロデュースした

馬場 徹さん

厚木市吾妻町在住 73歳

9月13日号

石川 弘子さん

日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した

石川 弘子さん

厚木市厚木町在住 46歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

参加募集

参加募集

中村紀洋さん講演会

11月29日~11月29日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク