厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

愛甲小ソフトクラブ 県優勝で3年連続全国へ ティーボール大会で好成績

スポーツ

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
優勝を勝ち取った4年生以下のメンバー
優勝を勝ち取った4年生以下のメンバー

 第8回かながわ小学生チャレンジティーボール選手権大会が5月11日、厚木市の及川球技場で開催され、愛甲小ソフトクラブ(星山順一監督)が優勝を果たした。チームは7月にメットライフドーム(埼玉県/旧西武ドーム)での全国大会に、3年連続で出場する。

 4年生以下の小学生チームがしのぎを削った同大会。県内の23チーム・約300人が快晴の下、プレーした。

 愛甲小ソフトは、予選リーグを順当に勝ち上がると、準決勝、決勝と1点差の接戦をものにし、県の頂点に立った。大会を振り返り林祥太郎君(4年/ショート)は「ホームランをたくさん打てて良かった。全国大会でもたくさん打ちたい」、高澤優介君(4年/ファースト)は、「大会で優勝できて嬉しい。エラーが多かったので、全国大会ではしないようにがんばる」と話す。ジュニアの監督として大会でチームを指揮した山口真澄監督は「実力が拮抗し、競った試合が多かったが、4年生の3人を中心にそれぞれが力を出して勝つことができた」とチーム一丸での勝利を喜ぶ。

「1つでも多く勝つ」

 今回の優勝により、チームは7月29日に開催される文部科学大臣杯争奪・第22回全国小学生ティーボール選手権大会に出場する。主将の加藤菜々さん(4年/セカンド)は、「(県大会では)ミスが多かったので、練習で直していきたい。全国ではミスを減らして、ミスをしてもバッティングで返せるようにしたい」と話す。昨年の全国大会の戦績はベスト8。大会に向け山口監督は「1つでも多く勝って昨年より上をめざしたい」と意気込みを見せる。

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

独自経済支援策を発表

厚木市

独自経済支援策を発表 経済

あつぎ中小企業応援交付金II

1月22日号

救急出動1770件の減少

厚木市消防本部

救急出動1770件の減少 社会

新型コロナの影響と推測

1月22日号

イベント中止、施設休館に

イベント中止、施設休館に 社会

3市町村で緊急事態宣言受け

1月15日号

「行動」で暮らしを守る

清川村

「行動」で暮らしを守る 社会

新春村長インタビュー

1月15日号

成人式の対応分かれる

厚木・愛川・清川

成人式の対応分かれる 社会

3自治体2,741人に影響

1月8日号

「不撓」の精神を胸に

愛川町

「不撓」の精神を胸に 社会

新春町長インタビュー

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク