厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

愛甲小ソフトクラブ 県優勝で3年連続全国へ ティーボール大会で好成績

スポーツ

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
優勝を勝ち取った4年生以下のメンバー
優勝を勝ち取った4年生以下のメンバー

 第8回かながわ小学生チャレンジティーボール選手権大会が5月11日、厚木市の及川球技場で開催され、愛甲小ソフトクラブ(星山順一監督)が優勝を果たした。チームは7月にメットライフドーム(埼玉県/旧西武ドーム)での全国大会に、3年連続で出場する。

 4年生以下の小学生チームがしのぎを削った同大会。県内の23チーム・約300人が快晴の下、プレーした。

 愛甲小ソフトは、予選リーグを順当に勝ち上がると、準決勝、決勝と1点差の接戦をものにし、県の頂点に立った。大会を振り返り林祥太郎君(4年/ショート)は「ホームランをたくさん打てて良かった。全国大会でもたくさん打ちたい」、高澤優介君(4年/ファースト)は、「大会で優勝できて嬉しい。エラーが多かったので、全国大会ではしないようにがんばる」と話す。ジュニアの監督として大会でチームを指揮した山口真澄監督は「実力が拮抗し、競った試合が多かったが、4年生の3人を中心にそれぞれが力を出して勝つことができた」とチーム一丸での勝利を喜ぶ。

「1つでも多く勝つ」

 今回の優勝により、チームは7月29日に開催される文部科学大臣杯争奪・第22回全国小学生ティーボール選手権大会に出場する。主将の加藤菜々さん(4年/セカンド)は、「(県大会では)ミスが多かったので、練習で直していきたい。全国ではミスを減らして、ミスをしてもバッティングで返せるようにしたい」と話す。昨年の全国大会の戦績はベスト8。大会に向け山口監督は「1つでも多く勝って昨年より上をめざしたい」と意気込みを見せる。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

コラボで「良いとこどり」

コラボで「良いとこどり」 社会

2つのダムカレー特別仕様に

7月12日号

難波氏がトップ当選

厚木市議選

難波氏がトップ当選 政治

28人の顔ぶれ決まる

7月12日号

検討委が提言書提出

厚木市

検討委が提言書提出 社会

中町第2-2整備計画

7月5日号

いざ2つ目の頂きへ

いざ2つ目の頂きへ スポーツ

壮年キックボクサー 7日タイトルマッチ

7月5日号

共同開発が本格始動

清川村相模女子大

共同開発が本格始動 社会

商品化視野にレシピ考案

6月28日号

未来の厚木を語ろう

未来の厚木を語ろう 社会

総合計画策定へ参加募る

6月28日号

1450件で過去最多

厚木児相相談件数

1450件で過去最多 社会

前年から2割増加

6月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク