厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

第58代厚木市議会議長に就任した 寺岡 まゆみさん 厚木市戸室在住 61歳

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena

市議会をより身近に

 ○…「議会改革を更に進めていきます。また市の第10次総合計画をはじめ、新市庁舎を含んだ複合施設が一番の課題。議会として密に関わり、会派を越えてしっかりとやっていきたい」。改選後初となる8月7日の市議会会議で議長に就任した。今年7月の市議会議員選挙の投票率の低さを受けて、「身近な存在であるべき市議会として由々しきこと。もっと市民と近づき、必要としてくれる市議会をめざします」と力強く話した。

 ○…富山生まれの長野育ち。就職で都内などを経て、結婚を機に厚木へ。「厚木は自然もあり、都心も近い。子育てをして、自分たちが老後へ向かっていくなか、とても住みよい街」と話す。公明党の支援組織からの依頼を受け45歳で初当選。5期目を迎え、活動は地元をはじめ、団体や企業へも根付いている。訴え続け、実を結んだ5歳児の健康診査は、来年度には全5歳児が対象になるという。「これからも身近な方々から地域の課題を伺い、動いていきます」と話す。

 ○…「食品ロスが起こるなか、片や貧困の子どもたちがいます」。現状を何とかしたいという強い思いから、今年4月に市民協働事業としてNPO法人と協力し、市内初となる『フードバンク』を立ち上げた。自身の中での大きなテーマとする同事業は、子ども食堂への食品提供も始まり、地元の高校にも活動が広がっている。「子どもたちのために出来ることをしたい」と微笑んだ。

 ○…2人の子どもも社会人となり、子育ても一段落。古くからの仲良し友人グループとの数カ月に1回の「女子会」が楽しみだ。座右の銘は上杉鷹山の「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」。その言葉を胸にこれからも強い意志を持って活動を続けていく。
 

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

井上 允(まこと)さん

2月のさがみ自然フォーラムの運営にも携わったあつぎ環境市民の会代表

井上 允(まこと)さん

厚木市上荻野在住 72歳

3月27日号

葛巻 公司さん

吾妻団地を中心に地域活性に取り組む「ふれ愛・サロン吾妻」の理事長

葛巻 公司さん

厚木市吾妻町在住 61歳

3月20日号

落合 清春さん

フリークリエイターとして多彩な地域貢献活動を行う

落合 清春さん

厚木市宮の里在住 63歳

3月13日号

服部 惠美子さん

全国で地域で幅広く演奏・普及活動を続ける箏奏者

服部 惠美子さん

厚木市愛甲在住 

3月6日号

永里 源気さん

今シーズンから「はやぶさイレブン」でプレーし地域貢献活動にも注力する

永里 源気さん

厚木市鳶尾在住 34歳

2月28日号

岩田 慎平さん

あつぎ郷土博物館開館一周年記念講座で講師を務める

岩田 慎平さん

愛川町田代在住 41歳

2月21日号

海老名市今里で宅地18区画販売

海老名の不動産なら株式会社エイト

http://www.8eight.jp/

小児科内科落合院

病児のお預かりもしています。保育・医療事務担当職員募集中

https://www.ochiai-iin.com/

ニチイの医療事務講座

9月1日~10月31日まで受講料が30%OFFに。無料体験説明会も実施

https://www.e-nichii.net/campaign/iryo_reiwastart2019/

「自分でできた!」に導く公文式

いつでも教室減額ができます。お近くの教室は「くもん教室」で検索

https://www.kumon.ne.jp/

屋根修理は妻田南のアイネックス

「雨が漏った」「屋根材が剥がれた」など、屋根や壁の困りごとがあったら連絡を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク