厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

ヨミガタリストとして10月19日に厚木市内で地元の民話語りを行う 神崎 寿美代さん 厚木市上荻野出身 52歳

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

言葉と表現で映像を見せる

 ○…あす10月19日(土)に厚木市中町のギャラリー喫茶「なよたけ」で『むかしむかしの厚木のはなし』を行うアナウンサー兼ヨミガタリスト。以前活動拠点にしていた札幌と、東京に続いて念願の地元での開催となる。「オーナーさんに協力いただき、実家のある厚木の芸術的な雰囲気を醸すお店でできることにすごく感激している。お店の風情を味わいつつ、気軽に足を運んでいただけたら」と満面の笑みだ。

 ○…高校から朗読に興味を持ち、アナウンサーを目指しつつ勉強を続けた。アナウンサーとして札幌の放送局に就職し、5年でフリーに。「朗読系の番組をやりたい」という思いを抱えていたものの叶わなかった。が、思いは継続。『詠み芝居』という独自のスタイルの公演活動を続ける演劇倶楽部『座』のワークショップに参加するなど、さらに没頭。50歳でついに知人のピアニストと初の朗読の会を開催した。「うまくできた」とニコリ。ただ今回は一人きりの朗読に緊張を隠せない。

 ○…実は中学まではピアニストに憧れていた。しかし、現在ピアノ講師をしている同級生が当時弾いた音色を聴いた瞬間、その違いにショックを受け、すぐにあきらめたという。「向いてないものに執着しないで済んだ」とサバサバした表情。

 ○…朗読では民話を題材に。おじいちゃん子で毎晩寝るときに読んでもらったせいか、修学旅行で旅先の民話本を買ってくるほど民話好きに。「歴史とともに地域には古い話もたくさんある」と図書館に通い調べる。今回も厚木の民話集をもとに読み語る。「耳で聴いている人に絵や映像を与えたい。今回は厚木で肌で感じてきたものを盛り込んで語る」と意気込む。夢は「オーケストラをバックに『窓ぎわのトットちゃん』を朗読すること」

厚木市プレミアム付商品券 

厚木市プレミアム付商品券、10月1日から使えます!詳細はHPをご確認下さい

http://premium-gift.jp/atsugi/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

若きちから団結

厚木青年会議所50周年

若きちから団結

11月8日号

原田 融(とおる)さん

愛川町農友クラブの会長を務める

原田 融(とおる)さん

愛川町角田在住 31歳

11月8日号

清水 満さん

きょう開幕の東日本軟式野球大会に出場する(株)リコー厚木事業所の監督を務める

清水 満さん

厚木市下荻野在住 33歳

11月1日号

馬場 司さん

第35代愛川町議会議長に就任した

馬場 司さん

愛川町中津在住 60歳

10月25日号

松浦 広明さん

世界観光倫理委員会の委員に就任した

松浦 広明さん

松蔭大学副学長 40歳

10月11日号

頼住 道夫さん

スポーツを通した子どもたちの教育に尽力する

頼住 道夫さん

厚木市飯山在住 67歳

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク