厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

厚木市 小・中全36校に屋外AED 災害時、一般開放時に備え

教育

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

 屋外活動中の児童・生徒の安心安全と、学校施設一般開放時の利用者の急病やけがに備えるため、厚木市は市立小・中学校36校すべての屋外に、自動体外式除細動器(AED)を設置した。

 屋外AEDは9月中に設置され、10月1日から運用が始まった。場所は、体育館の外壁や校庭など、体育館と校庭の両方から取りに行きやすい位置に設置された。

 厚木市立の全小・中学校には、2005年に職員室などの屋内にAEDが設置されている。しかし児童・生徒の活動は、体育館やプール、校庭など広範囲にわたるため、AEDの持ち出しに時間がかかることが懸念されていたという。また、休日や夜間の一般開放時には校舎が施錠されており、AEDが使用できなかった。

 AEDのボックスは、誰でも取り出し可能。使用方法は、扉を開けて赤色のAEDを取り出し、音声ガイドに従う。同事業の予算は1千22万5440円(ボックスは購入、AEDは4年リース)。

 担当の厚木市学務課では「小・中学校の体育館は、災害時に指定避難場所としての役割を果たすことから、屋外にAEDを設置することにより、避難者に対して安心安全な環境が整った。緊急時には使用してほしい」と呼びかけている。なお同課によると、屋内屋外ともにAEDが設置されてから、児童・生徒に使用された例はないという。

 また市消防本部では、小・中学校の教諭に対して、応急手当普及員講習を推奨しており、年1回講習会を実施している。林中学校では、3年前から保健体育の授業の一環として、2年生でAEDの使い方を実習で学んでいるという。

 現在厚木市では、公民館や老人憩いの家、小中学校、県立高校などの公共施設をはじめ、警察署や交番など、計394台のAEDが設置されている(市消防部が把握している数)。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

6基の新水槽が完成

あゆ種苗センター

6基の新水槽が完成 社会

5tの生産量増見込む

12月6日号

夢未市が10周年

JAあつぎ

夢未市が10周年 経済

今日から8日まで記念祭

12月6日号

和裁ひとすじ、半世紀

神奈川の名工

和裁ひとすじ、半世紀 文化

厚木市から軍司さんが受賞

11月29日号

小鮎小PTAが大臣表彰

小鮎小PTAが大臣表彰 教育

「地域とのつながり」評価

11月29日号

南蛮屋本店が受賞

県優良小売店舗表彰

南蛮屋本店が受賞 文化

 炭火焙煎コーヒー店

11月22日号

荻野で2度目の実証運行

厚木市

荻野で2度目の実証運行 社会

「地域コミュ交通」実現へ向け

11月22日号

地域一丸で125周年祝福

愛川町立高峰小

地域一丸で125周年祝福 教育

ドローンで人文字撮影

11月15日号

株式会社アイネックス

屋根・壁で困ったらお電話を!0120-200-844

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク