厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

厚木市 小・中全36校に屋外AED 災害時、一般開放時に備え

教育

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

 屋外活動中の児童・生徒の安心安全と、学校施設一般開放時の利用者の急病やけがに備えるため、厚木市は市立小・中学校36校すべての屋外に、自動体外式除細動器(AED)を設置した。

 屋外AEDは9月中に設置され、10月1日から運用が始まった。場所は、体育館の外壁や校庭など、体育館と校庭の両方から取りに行きやすい位置に設置された。

 厚木市立の全小・中学校には、2005年に職員室などの屋内にAEDが設置されている。しかし児童・生徒の活動は、体育館やプール、校庭など広範囲にわたるため、AEDの持ち出しに時間がかかることが懸念されていたという。また、休日や夜間の一般開放時には校舎が施錠されており、AEDが使用できなかった。

 AEDのボックスは、誰でも取り出し可能。使用方法は、扉を開けて赤色のAEDを取り出し、音声ガイドに従う。同事業の予算は1千22万5440円(ボックスは購入、AEDは4年リース)。

 担当の厚木市学務課では「小・中学校の体育館は、災害時に指定避難場所としての役割を果たすことから、屋外にAEDを設置することにより、避難者に対して安心安全な環境が整った。緊急時には使用してほしい」と呼びかけている。なお同課によると、屋内屋外ともにAEDが設置されてから、児童・生徒に使用された例はないという。

 また市消防本部では、小・中学校の教諭に対して、応急手当普及員講習を推奨しており、年1回講習会を実施している。林中学校では、3年前から保健体育の授業の一環として、2年生でAEDの使い方を実習で学んでいるという。

 現在厚木市では、公民館や老人憩いの家、小中学校、県立高校などの公共施設をはじめ、警察署や交番など、計394台のAEDが設置されている(市消防部が把握している数)。

グループホーム花物語がオープン

花物語あつぎ南(厚木市岡田)、花物語きよかわ(清川村煤ケ谷)

https://hana-kaigo.jala.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

学生が捉えた里神楽

垣澤社中×工芸大学

学生が捉えた里神楽 文化

『あつぎの神さま』写真展

2月19日号

一般会計、過去最大の872億

厚木市当初予算案

一般会計、過去最大の872億 社会

前年比1.5%、13億円の増

2月19日号

ゴミ出しの負担減を検証

厚木市森の里

ゴミ出しの負担減を検証 社会

4カ所で実証実験スタート

2月12日号

自宅療養者に支援事業

愛川町

自宅療養者に支援事業 社会

食料品調達などサポート

2月12日号

ワクチン接種へ準備進む

3市町村

ワクチン接種へ準備進む 社会

高齢者は4月以降に実施

2月5日号

災害時の物資輸送で協定

県トラック協議会・厚木

災害時の物資輸送で協定 社会

「運ぶ力」生かし市と締結

2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク