厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

2月のさがみ自然フォーラムの運営にも携わったあつぎ環境市民の会代表 井上 允(まこと)さん 厚木市上荻野在住 72歳

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

「子どもたちの未来のために」

 ○…厚木市内でごみ対策や自然保護、食の安全、エネルギー問題などさまざまな環境問題に取り組んでいる「あつぎ環境市民の会」の代表を務める。先月には、現在厚木市とNPO法人神奈川県自然保護協会が毎年共同で開催している「さがみ自然フォーラム」の運営にも携わった。「ひと口に環境問題と言っても、いろいろな分野に分かれ、各々の得意な人たちが集まっている会なので、私は特別何をするでもなく、元市職員の経験も生かしてうまく調整役をしているだけですよ」とほほ笑む。

 ○…もともと環境問題には興味があり、同会には「勉強のつもりで」立ち上げから関わった。厚木市文化会館の館長を務め定年が近づくころ、その後何をやるかを熟考。「農業なら学び伝えることができる」と決意し、JAあつぎの農業塾の1期生に。3年間学び、大豆の生産に取り組む。大豆を選んだのは「面白そうだった」から。今では生産作業の傍ら、地元の荻野小と上荻野小で、子どもたちに稲作や大豆作りを教えている。

 ○…生まれも育ちも上荻野。学生時代は洋楽に夢中になり、都会に憧れる少年だった。オーディオ装置に興味を持ち、エレクトロニクスを専攻。最新のコンピュータ技術を取り入れた外資系企業に就職したが、「心が満たされず」30歳で文化会館に転職した。「そこでの多くの出会いが勉強になり、今大きく生きている」としみじみ話す。

 ○…これから特に注力したいことは「ヤマユリの再生」という。県の花ヤマユリは以前地元にたくさん咲いていたが、現在は一部の個人所有地のみになっているそう。「地元のタネを譲り受け地元産のヤマユリを再生させたい」と願う。子どもたちの未来につなぐ活動は尽きない。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

伊藤 真弓さん

NPO法人ライラック心の会の理事長を務める

伊藤 真弓さん

愛川町中津在住 53歳

1月14日号

小島 圭太さん

1月1日付けで、(公社)厚木青年会議所第54代理事長に就任した

小島 圭太さん

厚木市元町在住 39歳

1月7日号

深津 彰詞さん

清川村に拠点を移した(一社)しっぽ村の代表理事を務める

深津 彰詞さん

厚木市林在住 45歳

12月17日号

のむら うこさん

最新作で第6回絵本出版賞・審査員特別賞を受賞した絵本作家

のむら うこさん

厚木市毛利台在住 45歳

12月10日号

福島 和幸さん

厚木神社での骨董市を主催する

福島 和幸さん

厚木市妻田西在住 66歳

12月3日号

吉野 恵さん

市民団体・あつぎコミュニティメーカーの代表を務める

吉野 恵さん

厚木市妻田北在住 43歳

11月26日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook