厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

厚木市の副市長に就任した 佐藤 明さん 厚木市鳶尾在住 57歳

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

”大切にされるための努力を…”

 ○…4月1日付で厚木市の副市長に就任。「お話をいただいたときには大変驚き、考える時間をいただきたいとお伝えしました」とその時の緊張が伝わる面持ちで。重責を引き受ける決意を固めたのは「定年まで市のために尽くすことは変わらない」との思いから。就任時はコロナ禍の真っただ中。感染拡大防止が急務のスタートとなった。「今こそ、市職員2000人が一丸となって市民の皆さまに尽くすとき。職員とともに、考え、工夫し、行動する」と身を引き締めた。

 ○…厚木(上荻野)生まれの厚木育ち。「妻の名前も”厚子”です」と顔がほころんだ。荻野小、荻野中、座間高校から専修大学へ進んだ。臨時職員時代に出会った先輩職員の真っ直ぐな仕事への姿勢に感銘を受け、市職員への道を選んだ。B-1グランプリ担当課長、秘書課長、市長室長、政策部長などを歴任。中でも印象に残っているのは、「B-1グランプリで多くの市民のみなさんに協力いただいたこと」。実は当コーナーには2010年にも登場いただいた。当時の紙面を紐解くとタイトルは「涙もろいB-1課長」とある。涙もろく、仕事に熱く、人情派なのは今も変わらず。取材中も過去にお世話になった先輩の話をしながらまた、目を潤ませた。

 ○…心に留める言葉は「大切にされるための努力を…」。周囲から必要とされる、大事な人と思ってもらうためには”自らの努力が必要”という意。改めてこの言葉を胸に刻む日々。高校時代ともに白球を追った太田消防長とは大の親友。ファンの多いフェイスブックはしばらくは休止なのだそう。あのお茶目な日常が垣間見られなくなるのはすこし残念。記者にとっても”理想の上司ナンバー1”である。

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

石原 生美夫さん

厚木市に事務局を置く『グループ完』の代表を務める

石原 生美夫さん

藤沢市在住 67歳

10月16日号

小山 泰弘さん

一人親家庭の子育てを応援する

小山 泰弘さん

美容室ラピス店長 42歳

10月9日号

松村 光雄さん

ロードギャラリーで初の個展となる『富士山写真展』を開催している

松村 光雄さん

厚木市岡田在住 71歳

10月2日号

永里 優季さん

はやぶさイレブンで男子サッカーに挑戦する元なでしこジャパンの

永里 優季さん

厚木市鳶尾出身 33歳

9月25日号

松尾 好高さん

Tobioギャラリーで水墨画展を開催中の

松尾 好高さん

厚木市鳶尾在住 84歳

9月18日号

沼田 力さん

8月1日付で愛川町副町長に就任した

沼田 力さん

愛川町角田在住 63歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク