神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

全国一斉花火 厚木の夜空にも大輪 ファイアート神奈川が参加

社会

公開:2020年6月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
棚沢スポーツ広場から打ち上げられた花火
棚沢スポーツ広場から打ち上げられた花火

 社会を包む不安を払うように、闇夜に大輪が咲いた――。新型コロナウイルスの収束を願い、全国一斉に花火を打ち上げる「Cheer up!花火プロジェクト」。厚木市からは(株)ファイアート神奈川が参加し、6月1日に棚沢スポーツ広場で花火を打ち上げた。

 このプロジェクトは、新型コロナの収束を祈願するとともに、全国の人々に元気を届けようと日本煙火協会の青年部有志が企画。全国から160社が参加した。

 感染防止のため、観客が密集しないように打ち上げ場所は非公表。打ち上げ日と午後8時という時間だけが発表された。

 当日の厚木市は朝から霧雨が続いたが、打ち上げ時間になると一筋の光が駆け上り、大輪が夜空を飾った。打ち上げたのは約40発。費用は全て同社が負担した。

 明治40年創業の同社。通常なら年間約50カ所で約3万発の花火を打ち上げる。花火の仕込みは昨夏から進められるため、コロナ禍の前には今年使用予定の花火は8割が作られていた。だが、今夏の打ち上げる機会は「ほぼ全滅です」と和田順代表取締役社長は肩を落とす。内部の薬品の品質を考慮すると、使用できるのは約1年間だという。

 和田社長は、プロジェクトを企画した青年部のOBということもあり、二つ返事で参加を決めた。「私たちにできることで、少しでも皆様に元気を届けられたら」と笑顔をみせる。8月までのイベントもほぼ中止で「収入は見込めない」状態。それでも和田社長は今回の成功を受け「チャンスがあれば花火をあげたい。いろいろ仕掛けていきますよ」と前を向く。子どもから大人まで魅了する花火。職人たちの技と心意気に、炎はより鮮やかに輝く。

愛甲石田駅近く家族葬専用式場「ゆかりえ」

家族葬から樹木葬。友引の日に無料相談会を開催しています。

https://www.fujimishikiten.co.jp/hall/yukarieaikouishida/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

小・中給食費無償化へ

一般会計が初の1千億円

小・中給食費無償化へ

2月23日

防災力の強化へ

愛川町当初予算案

防災力の強化へ

過去最大規模に

2月23日

9千平方メートル刈り不安除く

中津川

9千平方メートル刈り不安除く

防火に県建設業協会ら

2月16日

市立病院のDMAT派遣

能登半島地震

市立病院のDMAT派遣

医療活動助け情報収集も

2月16日

ラジオ体操で受賞

宮ヶ瀬小

ラジオ体操で受賞

第10回全国コンクール

2月9日

厚木市と愛川町が最優秀

県広報コンクール

厚木市と愛川町が最優秀

「広報写真」「映像」各部門で

2月9日

愛甲石田駅近く家族葬専用式場「ゆかりえ」

家族葬から樹木葬。友引の日に無料相談会を開催しています。

https://www.fujimishikiten.co.jp/hall/yukarieaikouishida/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

    2月16日

  • 厚木の宝

    厚木の宝

    2月16日

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook