厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年7月17日号 エリアトップへ

宮ヶ瀬 初の夕涼みイベント 23日から星空フードガーデン

社会

掲載号:2020年7月17日号

  • LINE
  • hatena
イベントのポスターを手にする川瀬実行委員長
イベントのポスターを手にする川瀬実行委員長

 清川村の宮ヶ瀬水の郷イベント実行委員会が7月23日(木)から、「村の夕涼み 宮ヶ瀬星空フードガーデン」を開催する。新型コロナウイルス感染症拡大の影響などをうけて村が創設した活性化交付金を活用し、新たな宮ヶ瀬の魅力を発信する。

 清川村の重要な観光拠点である宮ヶ瀬。新型コロナによる緊急事態宣言下では、村営駐車場や宮ヶ瀬水の郷商店街が閉鎖になるなど大きな影響があった。

 宣言解除後、同商店街も営業を再開しているが、村では観光事業者を支援するため宮ヶ瀬地区観光活性化交付金を創設。同実行委員会ではこの交付金を活用し、「星空フードガーデン」を企画した。

9月まで毎週開催

 このイベントでは、7月23日から9月27日(日)まで、毎週土曜・日曜と祝日に宮ヶ瀬プロムナードの屋外スペースに座席やテーブルを設置してフードガーデンを開設する(8月は金曜日とお盆期間も開催・雨天中止)。

 時間は午前11時から午後8時までで、同商店街の7店舗で販売するテイクアウト商品などを楽しむことができる。開放的な環境のなか、澄んだ空気と食を通して宮ヶ瀬の魅力を体感してもらい、村の観光活性化につなげる狙いだ。

 ステージ周辺ではパフォーマーイベントも行われるほか、会場は提灯で飾られ、宮ヶ瀬が「昔ながらのお祭り」の雰囲気に包まれる。

新たな試みで魅力を発信

 首都圏から近く、日帰りの観光客が多い宮ヶ瀬。例年11月から行われるクリスマスイルミネーションなど夜間イベントの実績はあるが、同実行委員会の川瀬心実行委員長によると「通常の週末は、日中に遊びに来られる方が中心」だという。

 標高が高く山間の宮ヶ瀬では、夏の夕暮れから日没後にかけて気温も快適で星空が良く見える。そこで実行委員会ではこの魅力をいかそうと、新たにフードガーデンを企画した。川瀬実行委員長は「綺麗な空気と美味しい食べ物を楽しんでいただき、『夕涼み』を新しい宮ヶ瀬の夏のイメージに定着させたい」と話す。地域住民にも楽しんでもらうため、村民向け特典も用意するという。なお、フードガーデンの入場は無料だが、車で来場の場合駐車場代が別途必要(普通車1日最大500円)。イベント詳細情報は同実行委員会ホームページ(【URL】http://www.miyagasekankou.com/)で随時更新される。問合せは【電話】046・210・3226へ。

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

田中選手に市民功労表彰

厚木市

田中選手に市民功労表彰 スポーツ

北京パラスキーで4位入賞

5月13日号

データサイエンスで勝つ

データサイエンスで勝つ スポーツ

厚高野球部、寄付金で新機材

5月13日号

洪水・土砂・地震を1冊で

厚木市

洪水・土砂・地震を1冊で 社会

新ハザードマップ全戸配布

5月6日号

下長谷に密着、第50号へ

下長谷に密着、第50号へ 社会

自治会役員ら取材

5月6日号

休耕田が菜の花畑に

伊勢原市西富岡

休耕田が菜の花畑に 教育

地元児童がSDGs学ぶ

4月29日号

限定の絵馬を配布

厚木十二支寺社巡り

限定の絵馬を配布 社会

御朱印集めに特典

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook