厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

来年3月の真打昇進を決めた落語家 柳家 小太郎さん(本名:塚本洋平) 厚木市中依知出身 41歳

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena

「初めて夢中になったもの」

 ○…来年3月21日に真打への昇進が決まった厚木市中依知出身の落語家。『あつぎ青春劇場落語会』への出演や鳶尾団地内のTobioギャラリーでの『柳家小太郎独演会』開催など地元ファンも多い。師匠から昇進が決まったことを聞いた瞬間の思いは「いよいよ来たか」。昇進後は、「柳家㐂三郎(きさぶろう)」を名乗る。

 ○…やりたいことが見つけられず大学卒業後もしばしぶらぶら。ある時、落語好きな友人に誘われ初めて寄席に足を運ぶ。そこで高座に上がっていたのが師匠となる柳家さん喬。「おもしろい!」。湧き上がる気持ちを抑えられず即弟子入りを懇願。だが簡単には叶わず4カ月通いついに許された。落語界は昔からのしきたりがたくさん残る特別な世界。「辛いこともあったけど、今思うと自分のためになっている。辞めたいと思ったことは一度もない」。

 ○…愛川町中津で生まれ、中2から中依知へ。「子どもの頃は絵を描いたり、水泳、テニスなどをかじった。褒めてもらえるんだけど…。これまで何にも執着することはなかった」。落語との出会いはまさに奇跡だったかもしれない。両親は他界し兄妹も独立。自身も都内で一人暮らしのため、厚木の家は無人の状態。「兄妹と交代で時々風を入れに行ったりするけど、人がいない家は傷みが早い」と寂しそう。

 ○…学校等で落語を聴かせる機会もあり、思った以上に子どもたちも笑ってくれるという。寄席に来てくれる若い人も増えたそう。「若い人にとっては、古典落語とかの古臭いものが逆に新しく感じられるんじゃないかな」。特に今笑いが必要とされているのではと感じる。「自分と同じように初めて聴く人に刺激を受けてもらえたら」。真打の芸に精進する。
 

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

石原 生美夫さん

厚木市に事務局を置く『グループ完』の代表を務める

石原 生美夫さん

藤沢市在住 67歳

10月16日号

小山 泰弘さん

一人親家庭の子育てを応援する

小山 泰弘さん

美容室ラピス店長 42歳

10月9日号

松村 光雄さん

ロードギャラリーで初の個展となる『富士山写真展』を開催している

松村 光雄さん

厚木市岡田在住 71歳

10月2日号

永里 優季さん

はやぶさイレブンで男子サッカーに挑戦する元なでしこジャパンの

永里 優季さん

厚木市鳶尾出身 33歳

9月25日号

松尾 好高さん

Tobioギャラリーで水墨画展を開催中の

松尾 好高さん

厚木市鳶尾在住 84歳

9月18日号

沼田 力さん

8月1日付で愛川町副町長に就任した

沼田 力さん

愛川町角田在住 63歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク