厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

3月15日に初のエッセイ集『ちょっと言いすぎかしら?』を出版する 池田 智子(ともこ)さん 厚木市松枝在住 

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

「人生楽しまなきゃ」

 ○…3月15日発売のエッセイ集『ちょっと言いすぎかしら?』(文芸社)の著者。日常の何気ない場面を切り取り書き綴ったユーモア満載の一冊。読み終えた後でほっこりした気持ちにさせてくれる。「書き綴った作品をいくつか出版社に送ったら、『もっと送ってほしい』と言われ、書き溜めたものをほとんど送ったら、出版することになった」と笑う。「読んだ方にクスッとでも笑ってもらえたらうれしいわ」と柔和に話す。

 ○…厚木高校2年の時にふと文芸部に入部。そこで、高校教師も務め落語好きだった父と文章を書くのが得意だった母の血か、急に書くことに目覚める。「詩を書けと言われ、言葉を考えることが新鮮で楽しくて楽しくて」と傾倒していき、大学で受講したエッセイ講座で、テーマについて書く面白さも知る。会社を退職後本格的な作家をめざす。2006年には家族を題材にまとめた随筆集『池田家の人々』でデビューを果たした。

 ○…幼少から厚木で暮らす。現在は、長男と長女との3人暮らし。毎日だいたい2時間ほどパソコンに向かい執筆するのがルーティンだとか。訪ねてきた近所の人と庭で話したちょっとしたシーンでも面白い会話があると切り取てって作品に。「人生ってやっぱりつらいことの方が多いと思うの。悲しそうな人を見るとこちらもつらくなるから、そういう人を少しでも笑わせたくて」。

 ○…今後の作品として「厚木に住んで」というテーマで構想中だという。理由を聞くと、「なんか厚木がつまらななくなった気がして…」。すくに「でもね。今も楽しい魅力がいっぱいあると思うの。だからそれを発見して紹介したい。自分が生きいることを実感したいから」。最後に目を輝かせた。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

中野 信博さん

厚木商工会議所青年部 第20代会長に就任した

中野 信博さん

カフェ&レストランバーRise代表 43歳

5月14日号

栗原 俊光さん

初の著書『実践 樹幹注入の心得』を出版した

栗原 俊光さん

厚木市恩名在住 75歳

5月7日号

阿部 牧子さん

第37回墨神会水墨画全国公募展で文部科学大臣賞を受賞した

阿部 牧子さん

厚木市岡田在住 75歳

4月23日号

押部 修一さん

厚木警察署の署長に3月22日付けで就任した

押部 修一さん

第97代署長 58歳

4月16日号

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市立病院災害派遣医療チームDMATの車両デザインを担当した

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市愛甲在住 41歳

4月9日号

石井 克典さん

3月15日付で自衛隊厚木募集案内所の所長に就任した

石井 克典さん

相模原市在住 51歳

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter